初心者ガイド 知っておきたいメニューの構成

ルームを探してみよう

※ ルーム機能はPC(Steam)版のみの機能となります。Quest版では2021年9月現在利用できません。

リングメニューとは

バーチャルキャストのメニューは通称リングメニューといい、アバターを変更したり、アイテムを出したり、移動するルームを選んだりなどVR空間内でさまざまなことを行うためのユーザーインターフェースです。
リングメニューは、ルーム環境とスタジオ環境で異なりますが、ここではルーム環境のリングメニューについて解説します。

リングメニューの出し方

リングメニューは、コントローラのメニューボタンに割り当てられているボタンを押すと表示できます。
(端末固有のメニューボタンと異なることにご注意ください)

コントローラのメニューボタンの参考例
コントローラのメニューボタンの参考例
メニューボタンを押すとリングメニューが表示される
メニューボタンを押すとリングメニューが表示される

ルーム環境でのリングメニューの構成

ルーム環境でのリングメニューの構成を左から順に解説します。
よく使う 2. キャラクター変更3. マイアイテム4. カメラ5. ルーム6. ルーム情報 を覚えておくといいでしょう。

プロフィールボタン

プロフィールボタン。オンラインステータスの設定、フレンド申請や招待が確認できます。

キャラクター変更ボタン

キャラクター変更ボタン。アバターの変更ができます。持ち込んだアバターにもここから変更できます。

マイアイテムボタン

マイアイテムボタン。自分で持ち込んだアイテムやプリセットアイテムを出せます。

カメラボタン

カメラボタン。ルーム内で撮影できるカメラアイテムを出せます。

ルームボタン

ルームボタン。稼働中のルーム一覧から選択して移動できます。

ルーム情報ボタン

ルーム情報ボタン。今滞在しているルームの情報を確認できます。お気に入り登録もできます。

  • プロフィールボタン。オンラインステータスの設定、フレンド申請や招待が確認できます。
  • キャラクター変更ボタン。アバターの変更ができます。持ち込んだアバターにもここから変更できます。
  • マイアイテムボタン。自分で持ち込んだアイテムやプリセットアイテムを出せます。
  • カメラボタン。ルーム内で撮影できるカメラアイテムを出せます。
  • ルームボタン。稼働中のルーム一覧から選択して移動できます。
  • ルーム情報ボタン。今滞在しているルームの情報を確認できます。お気に入り登録もできます。
フレンドボタン

フレンドボタン。自分のフレンドを確認やオンラインステータスを確認できます。

参加者リストボタン

参加者リストボタン。今滞在しているルームの参加者を確認できます。

リスポーンボタン

リスポーンボタン。ルームの入り口にテレポートします。

マイクミュートボタン

マイクミュートボタン。自分のマイクのオンオフを切り替えられます。

スタジオボタン

スタジオボタン。ルーム環境から出て、配信に特化したスタジオ環境へ移動します。

システムボタン

システムボタン。操作方法の設定やアプリケーションの終了などができます。

  • フレンドボタン。自分のフレンドを確認やオンラインステータスを確認できます。
  • 参加者リストボタン。今滞在しているルームの参加者を確認できます。
  • リスポーンボタン。ルームの入り口にテレポートします。
  • マイクミュートボタン。自分のマイクのオンオフを切り替えられます。
  • スタジオボタン。ルーム環境から出て、配信に特化したスタジオ環境へ移動します。
  • システムボタン。操作方法の設定やアプリケーションの終了などができます。

コンテキストメニューとは

バーチャルキャスト内に存在するアイテムやユーザーからメニューを出し、さまざまな設定や情報を見たり実行できる、便利なコンテキストメニューについて解説します。
コンテキストメニューを出すと、アイテムならアイテム情報から直接VR内購入が、ユーザーならフレンド申請を送ることができます。

コンテキストメニューの出し方

リングメニューは、メニューボタンを 長押ししてレーザーを出し、レーザーをメニューを開きたいものに当ててボタンを離すと表示できます。(端末固有のメニューボタンと異なることにご注意ください)

コントローラのメニューボタンの参考例
コントローラのメニューボタンを長押しする
コントローラを向けて
コントローラのメニューボタンを長押し状態でレーザーが出現する
コントローラのメニューボタンを長押し状態でレーザーが出現する
メニューボタンを離すとコンテキストメニューが出現する
メニューボタンを離すとコンテキストメニューが出現する

PAGETOP