VRTRPGの自作は未来じゃない

バーチャルキャストで企画ディレクターをしているshodaiです。先週は「VRクトゥルフ神話TRPG」に大きな反響をいただき本当にありがとうございました。

上記のTweetが1200RT以上さらに、多くの方が「VRでTRPGをやりたい」と思っていることをつぶやいているのを拝見しました。(反響が気になったので「VR TRPG」や「VR クトゥルフ」で三日ぐらいずっとエゴサしてました。)一方で「まだ未来の話かな」という感想も多く見られました。実際、用意しなければならない機材や必要な技術を考えると「誰でもできる」とは言い難い状態です。

ただ、バーチャルキャスト社のプロダクトとフリーウェアを組み合わせることでとても頑張ればフリーウェアのみで自由にMAPやギミックを作ることができるようになりました。今回の「寝台特急プレアデス」のMAPやギミックについても特別な技術は使用しておらず、一般ユーザーが使える技術のみで成り立っています。その技術についてこの記事で紹介させてください。

バーチャルキャストとは

社名の元にもなっているバーチャルキャストというソフトがVR空間を構成するソフトです。VR機器を繋いだPCを使って簡単にVR空間に入り、映像配信ができます。バーチャルキャストを使っている人同士ではお互いのVR空間に行ったり来たりすることができるため、ボイスチャット機能と合わせてVR空間でキャラクターになりきってコミュニケーションが可能です。

 

そして、キャラクターやアイテムは自作して持ち込むことができます。キャラクターは3Dモデルの読み込みはもちろんですが、Vカツというキャラクターメイキングソフトを利用することで簡単にオリジナルキャラクターの製作が可能です。また、アイテムについてはプログラムを埋め込むことで「体が触れたら動くドア」とか「握って離すとランダムな数字を表示するサイコロ」とかさまざまなギミックをつくることができます。これらを用いることで、プレアデスの背景やドア、乗客、各種アイテムなどを制作しています。詳しい制作方法はバーチャルキャストWikiを参照してください。

THE SEED ONLINEとは

THE SEED ONLINEとはアバターやアイテムをウェブ上で管理するサービスです。自分自身のキャラクターや先ほど挙げたような「ドア」、「ダイス」といったアイテムをバーチャルキャストに持ち込むことができます。自分自身で投稿できるのはもちろんですが、他の方がTHE SEED ONLINE上で公開しているアイテムを借りて自分のアイテムとして使うことが可能です。

このように、数クリックでVR空間にアイテムを持ち込めるようになっています。

バーチャルキャストとTHE SEED ONLINEが作る未来現在

バーチャルキャストとTHE SEED ONLINEを使えば、キャラクターの3Dモデル、アイテムの3Dモデル(とギミック)、VR機器を用意するだけでVR TRPGが可能です。さらに作った人がアイテムを公開してくれると、自分で作らなくてもアイテムを借りるだけで実施することができます。そうすると、シナリオに合った背景を選び、アイテムを選び、空間に配置するだけでVRTRPGの準備ができちゃうんです。

今後はアイテムをアップした人が販売できるようになる予定です。制作者に利益が出ることで、VR空間を構成する3Dモデルやアイテムの種類がどんどん増えていくと考えています。そこには解決できない技術的な問題は無く、必要な機能をエンジニアさんがこつこつ作っています。そのため、今すぐ、誰にでも使いやすい形で何でも遊べるVR TRPGがあるわけではありませんが、既に土壌はできているということをお伝えさせてください。

そして、皆さんの周りで「プログラミングやってるよ」、「3Dモデル作るのが趣味なんだ」という人を見かけたら「君がVR TRPGの創造主になるんだ!」と首根っこ捕まえて机の前に座らせましょう。あなたの欲しいキャラクターやアイテム、果ては邪神まで作らせることであなたのVR TPRGライフは現実に少しずつ近づいてきます。できれば、THE SEED ONLINEで公開してください。みんながとても喜びます。

もちろん、これで満足してね!ということではなくもっと簡単に、もっと便利に、改善を進めていきますので皆様の生活にVR TRPGが身近になるまでもう少しお時間をください。バーチャルキャストの今後に乞うご期待!

そして、本日テラゾーさん制作のVRクトゥルフ神話TRPG動画の第二話が公開されましたのでこちらも是非ご覧ください。

  • Tag

PAGETOP