なぜなにバーチャルキャスト#07~もっとカメラを使ってみよう!

ズーム機能を使いこなそう!

前回に引き続きバーチャルキャストの「カメラ」を解説していきまーす! まずはズーム機能をご紹介!

動画があるのでご覧ください。

両手で掴んで伸ばしたり縮めたりすることでズームイン・アウトするんですね。

使ってみるとわかると思うんだけど結構クセのある挙動だから慣れが必要かも。
でもでも、うまく使いこなせばその場からズームで寄り切れるから大写しのバストショットが狙えちゃう~!

「赤い」カメラと「黒い」カメラ?

あれ? 他の人の部屋に凸したとき、ハンディカメラがゲストカメラになってしまいますね・・・・・・。

そう! 凸先ではハンディカメラゲストカメラに変化するんだけど、ちょーっと機能も異なる点があるから気を付けなきゃいけないの。

どう違うんですか?

ここは重要なポイントなのでちょっとまとめてみましたー!
ポイント①「モニターカメラと部屋主のハンディカメラ(黒カメラ)は部屋内にいる全員と同じ映像を共有できる!

つまり黒カメラを使えば、同じ空間にいる人は同じ画が見えるということですね。

ポイント②「ゲストカメラ(赤カメラ)はそのカメラを使った人だけにカメラの映像が映る!

黒カメラを使ったあと赤カメラを使っても、その赤カメラの映像は自分にしか見えないんですね。

そしてちょっとややこしいところだけど、ポイント③「他の人が使ったゲストカメラを自分も使うことで、その人と自分だけが同じゲストカメラの映像を共有できる!

む、難しいですね・・・・・・。ちなみにどういうシーンで活用できるのでしょうか?

テーブルゲームとかで特定の人と同じものを見たいけど他の人には見せたくないときとか、同じ空間でそれぞれ配信しているときとか使えるかもだけど・・・・・・うーん、あねにもわからん!(笑)

裏を返せばいろんな使い方があるってことですね。工夫が捗るなぁ。
と、うまくまとめたところでそれでは今回はこのへんで。

それじゃあまたね~!

PAGETOP