なぜなにバーチャルキャスト#08~髪の毛に触ってみよう!

バーチャルキャストでは「触る」ことができる!

今回の「なぜなにバーチャルキャスト」は、ちょっと毛色を変えて、バーチャルキャストですっごくおすすめしたいことを紹介しちゃいます!

なんでしょう? 気になりますね。

それはなんと・・・・・・「触れる」!

触れる?

いえす! 自分やほかの人の衣服やアクセサリー、髪の毛などに手で触って動かすことができちゃうのでーす!

※手で触る/触られるにはVRMモデルが設定されている必要があります。こちらこちらのページをご参照ください。

バーチャル内で触れ合えるってすごいですね!

自分の髪の毛を触ってみよう!

触れるといってもイメージしにくいと思うので、実際に触ってみようのコーナー! はい拍手~。

(パチパチパチ)

それじゃあわかりやすい例として、みゅ・・・・・・もとい『アリシア・ソリッド』のモデルを選びましょう!


はアイテムメニューの中にあります。
ミラーの品質はクオリティ設定によって変わります。

鏡アイテムを使うと自分の姿が見えてちゃんと触れているかどうかがわかりやすいですね。

そうそう、それで右の髪の編みこみに手を持っていってみて。

スッと持ち上がりました!

編みこみだけじゃなくて、ふわふわしている後ろ髪やスカートのすそ、リボンのてっぺんも触れるからぜひ試してみてくださいねー!

他の人の髪の毛を触らせてもらおう!

じゃあその調子で他の人ともスキンシップしてみよー! まずはあねの髪の毛を触ってみよっか。

え! いいんですか・・・・・・?(ドキドキ)

残念、お時間でーす♪
って、こういうふうに他の人とのスキンシップも楽しめちゃうのがバーチャルキャストのいいところ。
例えば頭をなであいっこしているときに髪の毛をかき上げたり、クシャクシャってやることもできちゃう!

さっきから気になっていたんですが、『アリシア・ソリッド』ではなく僕が自分の手で髪を触ろうとしたり、人に触ろうとしてもうまくいかないのはなぜでしょう?

残念だけどシードさんはVRMがそのように設定されていないから・・・・・・。
でもでも、このページこのページを参考にしてスプリングボーンやコライダーとかをちゃんと設定すればできるようになるから!

※オリジナルのVRMを使用して、手で髪の毛や小物に触る/触られるにはVRMSpringBoneを正しく設定する必要があるのでご注意ください。

・・・・・・なるほど。Unityで設定するんですね。

その通り! 詳しくはあねもよくわからないけど!(笑)
次回はそのスキンシップを行うための凸について解説予定でーす。いろんな人とバーチャルキャストならではのコミュニケーションをとりたいと言う方は必見!

お楽しみに~。

PAGETOP