VRHMD「Oculus Quest」/「Oculus Quest 2」に対応 ~10月13日(火)、「Oculus Quest 2」発売日に配信開始~

株式会社バーチャルキャスト(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:松井 健太郎)は、同社が運営するVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」が、VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest 2」の発売日である10月13日(火)より、「Oculus Quest」および「Oculus Quest 2」に対応することをお知らせします。

「バーチャルキャスト」は、バーチャルキャラクターになったユーザー同士がVR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできる VR ライブ・コミュニケーションサービスです。これまでは、PCおよびPC用VR機器でのみプレイ可能でしたが、この度、スタンドアロン型のVRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest」とその後継機にあたる「Oculus Quest 2」にも対応することになり、PCに接続せずとも、いつでもどこでも手軽に「バーチャルキャスト」の仮想空間にダイブすることができるようになります。なお、Quest版「バーチャルキャスト」はPC VR版に比べ、自作キャラクターやアイテムの連携などの一部機能が制限されますが、今後のバージョンアップによって順次機能を追加していく予定です。

Quest版「バーチャルキャスト」の特徴

すぐに変身可能な複数のキャラクターを用意

コミュニケーションを盛り上げる数々のアイテム


ピコピコハンマーやハリセンなどお馴染みのアイテムの他、カメラを使ってSNS投稿に最適な写真を撮ることができます。

いつでも遊びに行ける複数の公式スタジオ


チュートリアルスタジオ

釣り堀

背景を変更できるマイスタジオ

Oculus Questの配信機能を利用して、Facebookへのストリーミング配信を行うことができます。
※他のユーザーのマイスタジオに凸することはできません。

PAGETOP