Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

VirtualCast

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

deliverytool:obs:chromakey

OBSでクロマキー合成の設定を行う

バーチャルキャストでアバターを操りながらゲーム等の実況生放送をする場合、クロマキー合成による配信ができます。

なお今回の説明では、配信ツールとしてOBSを使用します。

GB背景を追加

タイトル画面詳細設定のスタジオからクロマキースタジオの色を選択して、ゲーム内で背景をクロマキースタジオに変更することでグリーンバック背景を使用できます。
永続化画像にグリーンバック背景を登録して、巨大化させて背後に設置して代用することも可能です。

画像はhttps://www.virtualcast.jp/download/panoramas/chromakey.jpgを使用します。

配信ツールでクロマキー合成の設定

ソースでバーチャルキャストを配信したいゲーム画面よりも上になるまで移動します。

バーチャルキャストを映している画面を右クリックして、フィルタを選択します。

エフェクトフィルタ上で右クリックします。
追加を選択して、「クロマキー」を選択します。

分かりやすい名前を付けます。

クロマキーの設定を行いますが、デフォルトでグリーンバックを透過する設定になっているのでそのまま「完了」をクリックします。
他の色で透過したい場合は、「色キーの種類」を変更してください。

以上で設定完了です。

実際にプレイする場合は、HMDをずらして現実のPCモニターを見るか、バーチャルキャスト内にディスプレイを設置してバーチャルキャスト内からデスクトップ画面を見ることができます。

deliverytool/obs/chromakey.txt · 最終更新: 2022/05/20 12:32 by 106.166.153.174

ページ用ツール