ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

wiki

チュートリアル

カスタマイズ

モデル作成

その他

SteamVR

VRデバイス(VR機器)

VirtualCast

THE SEED ONLINE

VRM

VCI

VScode

配信ツール

配信サイト

Tips

English

モデル作成:glb作成

GLB作成

VRMの出力には下記が必要になります。

  • UniVRMのダウンロード
  • Unityのインストール
  • GLBに変換するFBX等の3Dモデル

なお、UnityプロジェクトにUniVRMの導入する所まではVRM作成のページの下記を参照してください。


背景モデル設置

3Dモデルのインポート用フォルダを作成します。
Assetsフォルダを右クリックして、[Create]→[Folder]を選択すると、新しいフォルダを作成できます。

自分のわかりやすい名前で大丈夫ですが、今回は「Model」というフォルダ名で作成します。


「Model」フォルダに背景に使用する3Dモデル、及びテクスチャファイルをドラッグ&ドロップします。

モデルは複数ファイルを組み合わせることもできます。


マテリアルの設定

3Dモデルをシーンに設置します。
Projectフォルダ内のモデルファイルをSceneウィンドウにドラッグ&ドロップします。


オブジェクトを選択すると、マテリアルが割り当てられているのがわかります。
各マテリアルのShaderをGLBで認識できる「UniGLTF/UniUnlit」に変更します。

Unityのバージョンによっては、マテリアルが変更できない場合があります。
その場合はトラブル対処法:マテリアルが編集できないを参照してください。


GLBの出力

マテリアル設定やオブジェクトの位置調整が終わったらGLBの出力を行います。
ルートオブジェクトを選択して、メニューの[VRM]→[UniGLTF-1.28]→[Export]をクリックして保存します。

バーチャルキャストで使用する場合は、このGLBファイルをニコニ立体へアップロードします。

モデル作成/glb作成.txt · 最終更新: 2019/02/11 14:41 by Ramen

ページ用ツール