ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:introduction

VCIで可能な事


このページではVCIでできる事の概要を掲載しています。

  • VCIで使用可能なコンポーネント
  • VCIスクリプト(Lua)でできる事

アイテム(VCI)でできる事

Rigidbody & Collider


Rigidbodyがついてるオブジェクトは物理的な挙動で振舞うようになります。
Colliderは衝突判定を行い、スクリプトを実行する時のきっかけに使用する事もできます。

Collider (UnityComponent)
Rigidbody (UnityComponent)
VCIコンポーネントの詳細


Grab


SubItemのコンポーネントで設定する事によって、オブジェクトを掴む事ができます。
また、掴んだことをきっかけにしてスクリプトを実行する事もできます。

イベント関数


Audio


VCIではAudioコンポーネントを付けることによって、音楽を再生する事ができます。
また、音楽の再生や停止はスクリプトで制御する事もできます。

Audio Source (UnityComponent)


メッセージ機能


VCIはアイテム同士でメッセージの送受信(情報の通信)が可能です。
アイテム同士の通信以外にも、一部のシステムからのメッセージを受信する事もできます。

メッセージシステム


配信コメントの受信


VCIは SHOWROOM ニコニコ生放送のコメントを受信して処理を実行する事ができます。

vci.message(コメントの受信)


アイテムの装着機能


VCIはアバターに装着する事も可能です。
装着したVCIは装着先の Humanoid Avaterに追従して動きます。

VCI Attachable (VCISDK)


スクリプト(Lua)


VCIではプログラムを書いて使用する事ができます。
様々なイベント関数に加え、変数、一部Lua標準のライブラリも使用できます。
時刻の取得や乱数の作成が容易になっています。

VCIスクリプトリファレンス


Joint

VCIではアイテム同士をJointで連結する事ができます。
サンドバッグや振り子のような変わった挙動を再現する事ができます。

Joint (UnityComponent)
ジョイントを使って揺れものを作る


VCI背景でできる事


VCI背景はメッシュしか使用できなかったglb背景とは違い、VCIの各機能が使用できます。
2019/06/20の更新でVCIと同等に機能が使用可能になりました。
スクリプト, SubItem, Collider, RigidBody, Audio, Joint等の機能が使用可能です。


VCIスクリプト(Lua)のできること

  1. VCIで使用可能なコンポーネントのパラメータを変更(制限あり)
  2. 一部Luaの標準ライブラリを使用可能
  3. イベント関数の実行
vci/introduction.txt · 最終更新: 2019/07/04 16:36 by navana

ページ用ツール