ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:sample:transform:no4

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
vci:sample:transform:no4 [2019/11/06 21:52]
navana [VCIスクリプト(解説)]
vci:sample:transform:no4 [2019/11/07 13:55]
navana [VCIスクリプト(解説)]
ライン 62: ライン 62:
 後は、親の姿勢と子の姿勢が同じようになればいいので、親の姿勢を変数に代入して、SetRotation()で子の姿勢にしてやれば、スクリプトによって親子関係を作成する事ができます。\\ 後は、親の姿勢と子の姿勢が同じようになればいいので、親の姿勢を変数に代入して、SetRotation()で子の姿勢にしてやれば、スクリプトによって親子関係を作成する事ができます。\\
 \\ \\
-子の位置を調整する場合は、上記のVector3の値を変更する事で調整する事ができます。\\+子の位置を調整する場合は、offsetに代入するVector3の値を変更する事で調整する事ができます。\\
vci/sample/transform/no4.txt · 最終更新: 2019/11/11 01:16 by navana

ページ用ツール