ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:script:reference:vciinput

以前のリビジョンの文書です


vci.me.GetAxisInput() (キー入力)


VCIでキーボードの入力を受け取ります。


キー一覧

キー名称 キーバインド(デフォルト) スクリプト 取得可能な値
X+ カーソルキー 右 vci.me.GetAxisInput().x -1,0,1
X- カーソルキー 左 vci.me.GetAxisInput().x -1,0,1
Y+ Uキー vci.me.GetAxisInput().y -1,0,1
Y- Iキー vci.me.GetAxisInput().y -1,0,1
Z+ カーソルキー上 vci.me.GetAxisInput().z -1,0,1
Z- カーソルキー下 vci.me.GetAxisInput().z -1,0,1
Button1 数値キーの1 vci.me.GetButtonInput(1) true,false
Button2 数値キーの2 vci.me.GetButtonInput(2) true,false
Button3 数値キーの3 vci.me.GetButtonInput(3) true,false
Button4 数値キーの4 vci.me.GetButtonInput(4) true,false

キー入力の概要

  • 使用可能なキーは上記の10種類です。
  • キーバインドはバーチャルキャストの設定から変更する事ができます。
  • キー入力の受付はVirtualCastのクライアントがアクティブになってる必要があります。
  • GetAxisInput()では、キー入力をXYZ軸入力に変換した値をVector3で取得できます。
    ただし値は -1,0,1 の3種類しか入りません。(-1~1のアナログ値ではない)
  • GetAxisInput()はキーを押している間値が入ります。何も入力していなければ0を返します。
  • キー入力はVCIスクリプトを実行しているクライアントのキー入力しか受け取りません。
    (if Is.Mine then の中にInputを書くと、VCIを出した人のみでキー入力が有効になる)

スクリプトサンプル

main.lua
function update()
 
    -- 軸入力を取得する。
    local axis = vci.me.GetAxisInput()
 
    if axis.x ~= 0 then
        print(" X : "..tostring(axis.x))
    end
 
    if axis.y ~= 0 then
        print(" Y : "..tostring(axis.y))
    end
 
    if axis.z ~= 0 then
        print(" Z : "..tostring(axis.z))
    end
 
    if  vci.me.GetButtonInput(1) then
        print(" Button1 が押されました。")
    end
 
    if  vci.me.GetButtonInput(2) then
        print(" Button2 が押されました。")
    end
 
    if  vci.me.GetButtonInput(3) then
        print(" Button3 が押されました。")
    end
 
    if  vci.me.GetButtonInput(4) then
        print(" Button4 が押されました。")
    end
 
end

各キーが押された結果をコンソールに表示するサンプルです。


サンプルVCI

vci/script/reference/vciinput.1568890009.txt.gz · 最終更新: 2019/09/19 19:46 by oinari

ページ用ツール