ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:sdk:playerspawnpoint:introduction

VCI PlayerSpawnPoint


  • VCIPlayerSpawnPoint の作成には VCI v0.28以降が必要です。
  • THE SEED ONLINE では VCIPlayerSpawnPoint の動作確認はできません。

何をするためのコンポーネントか

Player(演者) がスタジオに入った際の出現位置を指定するためのコンポーネントです。

VCIPlayerSpawnPoint がアタッチされた GameObject の Transform によって、Player の出現位置, 回転を指定します。

Player は、スタジオに入ったタイミングでいずれかの PlayerSpawnPoint と紐づけられ、

指定された位置, 回転で出現します。

背景VCIとして読み込んだ場合にのみ機能します。


導入方法

VCIObject がアタッチされた GameObject 下のいずれかの階層にある GameObject に VCIPlayerSpawnPoint をアタッチしてください。

1つの VCI に複数追加することができます。

1つの GameObject にアタッチできる VCIPlayerSpawnPoint は1つです。


位置、回転の指定

VCIPlayerSpawnPoint がアタッチされた GameObject の Transform(Position, Rotation のみ) で、

紐づけられた Player の出現位置, 回転を指定します。

  • Rotation X, Z が 0 でない場合は検証ではじかれます。
  • Position Y が 0 でない場合は検証ではじかれます(現時点では)。

注意

上階層の GameObject の位置, 回転の影響を受けるため、

正しく設定したのに検証ではじかれる場合は、上の階層に意図しない移動, 回転が加えられていないか確認してください。


パラメータ

パラメータ名 説明
Order Player と紐づけられる優先順位
Radius 出現位置のばらつき範囲

Order

  • スタジオに入った Player と紐づけられる優先順位です。
  • 値が小さいほど優先順位が高くなります(後述の Order 0 は例外)。
  • 同一 Order を複数指定した場合、その Order 内で個数分ランダムな順番で紐づけられます。
  • 小さい Order と紐づいている Player がスタジオからいなくなった場合、次に入ってきた Player はいなくなった Player の Order と紐づけられます。
Order 0
  • Order 0 を指定した場合、優先順位が最低になり、他に紐づけられる Order がなかった時、常に紐づけられます
  • Order 0 を複数指定した場合、ランダムな Order 0 地点と紐づけられます。
  • Order 0 を指定せず、他に紐づけられる Order がなかった時、Player は原点に出現します。

Radius

VCIPlayerSpawnPoint の Position を原点として、

その原点からXZ平面上に半径 Radius 内のランダムに散らした位置に、

紐づけられた Player が出現するようになります。


vci/sdk/playerspawnpoint/introduction.txt · 最終更新: 2020/07/06 12:06 by taraba_

ページ用ツール