ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:sdk:vciobject:introduction

VCI Object Component (VCISDK)

VCIを作成する際に必須のコンポーネントになります。
VCI ObjectはVCIの作者、ライセンス、Luascript等のメタデータを格納する為のコンポーネントです。


VCI Object

VCIを構成するRootのGameObjectにアタッチします。Rootのオブジェクトは原点で不動となります。
VCIにはVCI自身の情報を保持するためのメタデータを管理する仕組みがあります。
下記リストがメタデータの一覧です。

Information
Title VCIの名称
Version VCIのバージョン
Author VCIの著作者
Contact Information 著作者の連絡先
Reference このVCIが継承している他のLicense
Thumbnail VCIのアイコン(サムネイル)
Description VCIの説明、使い方や注意点 等
Model Data License
Model Data License Type 3Dデータのライセンス内容
Model Data Other License Url どのLicense Typeにも一致しない場合、
Licenseの書かれたURLを記載してださい。
Script License
Script License Type VCIスクリプトのライセンス内容
Script Other License Url どのLicense Typeにも一致しない場合、
Licenseの書かれたURLを記載してください。
Script Settings
Script Write Protected 現在はパラメータだけが存在し、機能は実装されてません
Script Enable Debugging 有効時、VCIをロードした際のスクリプトファイル生成と、
Luaスクリプトの更新を監視して実行を行います
Scripts
Size VCIで使用するスクリプトの数(1番目のスクリプトを使用)
1以上の値にする事で module機能 を使用する事ができます。
Name VCIスクリプトの名称
Mime Type 使用言語
Target Engine 使用エンジン
File Path ファイルを選択すると
VCIのExport時に選択したファイルのLuaスクリプトをVCIに書き込みます
Source VCIスクリプト本体の保存場所
完成したLuaスクリプトはここに入力してExportしてください

Script Enable Debugging

有効にする事でVCIスクリプトのデバッグができるようになります。
無効の場合、Luaスクリプトのファイル生成、およびファイルの読み込みが行われません。

Scripts Size

Sizeの値を1以上にする事でmodule機能を使う事ができます。
module機能の使い方は module機能 より確認してください。

Scripts File Path

非常に長いLuaスクリプトなどはコピー&ペーストのエラーが発生する事があるので、
Export時にファイルから直接Luaスクリプトを読み込む用途で使用します。


VCI Object 関連のアップデート

アップデート 主な内容
バーチャルキャスト1.7.0aのVCI更新 module機能の追加
バーチャルキャスト1.6.2aのVCI更新 Script Enable Debuggingの有効化


vci/sdk/vciobject/introduction.txt · 最終更新: 2019/07/26 21:48 by navana

ページ用ツール