ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:unitycomponent:joint

Joint (UnityComponent)


Jointは Rigidbodyをグループ化して、互いに連結されてるかのような挙動を付与します。


Unityマニュアル&チュートリアル

使用可能なJoint 機能
Fixed Joint 相対距離を一定に保ちます(オブジェクトの親子関係を物理挙動を通して実現)
Hinge Joint 糸の長さが一定の振り子のような動きになります
Spring Joint バネで連結されてるような挙動になります

VCIで使用する場合の概要

  • HingeJoint.Motor / BreakForce / BreakTorque には対応していません。
  • SubItemをSubItemの子にする事はできないので、
    Fixed Jointを使用して疑似的に親子関係を再現する事ができます。

プロパティーの説明

Fixed Joint
プロパティー 機能
Connected Body ジョイントの接続先、接続先にもRigidbodyが必要です。
設定しない場合はワールド座標で固定されます。
Break Force ※VCI非対応 接続を解除するのに必要な力
Break Torque ※VCI非対応 接続を解除するのに必要なトルク
Enable Collision 有効時、ジョイントで接続されたボディ間の衝突が可能になります。
Enable Preprocessing 無効時、実現不可能な設定 (制約を満たせない状況) を安定させる働きをします。
Hinge Joint
プロパティー 機能
Connected Body ジョイントの接続先、接続先にもRigidbodyが必要です。
設定しない場合はワールド座標で固定されます。
Anchor 揺れの中心となる軸の位置
Axis ボディの揺れの中心となる軸の方向
Auto Configure Connected Anchor 有効時、Connected Anchorの位置が、
Anchorプロパティーのグローバル座標と一致するように、自動的に計算されます。
Connected Anchor 接続されたアンカー位置を手動で設定します
Use Spring スプリングは、リジッドボディを Connected Body に対して特定の角度に到達させます
Use Motor ※VCI非対応 モーターはオブジェクトを回転させます
Use Limits 有効にすると、ヒンジの角度が Min と Max 値内に制限されます
Break Force ※VCI非対応 接続を解除するのに必要な力
Break Torque ※VCI非対応 接続を解除するのに必要なトルク
Enable Collision 有効時、ジョイントで接続されたボディ間の衝突が可能になります。
Enable Preprocessing 無効時、実現不可能な設定 (制約を満たせない状況) を安定させる働きをします。
Spring Joint
プロパティー 機能
Connected Body スプリングジョイントで接続されるリジッドボディオブジェクト。
Anchor 揺れの中心となる軸の位置
Auto Configure Connected Anchor 有効時、接続するAnchorの位置を自動的に計算する
Connected Anchor ジョイントが追加されている接続されたオブジェクトのローカルスペースの位置
Spring バネの強さ
Damper 有効な場合に spring を減らす量
Min Distance バネにさまざまな力が適用されない範囲となる距離の下限
Max Distance スプリングにさまざまな力が適用されない範囲となる距離の上限
Tolerance 許容誤差の変更。許容できるバネの残りの長さを決めることができます
Break Force ※VCI非対応 接続を解除するのに必要な力
Break Torque ※VCI非対応 接続を解除するのに必要なトルク
Enable Collision 有効時、ジョイントで接続されたボディ間の衝突が可能になります。
Enable Preprocessing 無効時、実現不可能な設定 (制約を満たせない状況) を安定させる働きをします。

VCIサンプル

vci/unitycomponent/joint.txt · 最終更新: 2019/06/21 20:49 by navana

ページ用ツール