ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:updatelog:1.6.2a

バーチャルキャスト1.6.2aのVCI更新


デフォルトでスクリプトのリロードが無効になります

アイテムを使うだけの場合は影響ありません。 アイテムのスクリプトを実行時に修正して、変更をリロードする機能に影響があります。

デフォルトで以下の機能が無効になります。

  • VCIロード時に VCIフォルダ を作成する。
  • VCIロード時にVCIに記述されたスクリプトを VCIフォルダ/_main.lua にコピーする
  • 対象の VCIフォルダ/main.lua の更新を監視して、更新時にスクリプトをリロードする

VCIフォルダは以下のパスです。

C:/Users/__USER_NAME__/AppData/LocalLow/infiniteloop Co,Ltd/VirtualCast/EmbeddedScriptWorkspace/__VCIフォルダ__

上記の機能を有効にするには以下の設定をして、VCI を再エクスポートしてください。

バグ修正

SkinnedMeshRendererとVCISubItemを同じGameObjectに設定した場合に、SkinnedMeshRendererが表示されていなかった問題の修正

背景VCI

  • スクリプトが動作するようになりました
  • 通常のVCIアイテムと同様に、背景VCIでもSubItem, Joint, Audio, 装着機能等の機能が使用可能になりました
vci/updatelog/1.6.2a.txt · 最終更新: 2019/06/20 14:32 by ousttrue

ページ用ツール