ユーザ用ツール

サイト用ツール


virtualcast:controller:viveproeye

アイトラッキング (VIVE Pro Eye)


バーチャルキャストではVIVE Pro Eyeを正式に対応しております。
実際の目の動きとアバターの目の動きが連動するアイトラッキングが実現します。


VIVE Pro Eye インストーラー

こちらのサイトでVIVE Pro Eyeセットアップインストーラーをダウンロードして実行してください。
https://enterprise.vive.com/jp/setup/vive-pro/
詳しいインストール方法等は付属のインストーラーを参照してください。

または英語ににありますが、こちらに詳しいVive Pro Eyeのサポート情報がありますのでこちらもご覧ください。
https://enterprise.vive.com/us/support/vive-pro-eye/category_howto/calibrating-eye-tracking.html


SR_Runtimeの実行

VIVE Pro Eyeを接続して、ルームスケール等各種設定が終わった後に、ディスクトップに作成された【SR_Runtime】を実行します。 初回起動時はインストールが始まりますが、起動後タスクトレイにロボットのアイコンが出ます。

このロボットの目がオレンジ色になれば、VIVE Pro Eyeが使える環境となります。

※オレンジ色にならない場合は、PCの再起動、SteamVRを最新版にするなどの対応が必要になります。

初回起動後、HMDの中では目のキャリブレーションが始まるかと思います。


バーチャルキャストのconfig.jsonの設定

バーチャルキャストのconfig.jsonにVIVE Pro Eyeの設定を記載します。 サンプルは以下の通りです。

config.jsonの書き方はこちらを参照してください。

config.json
 {
  "enable_vivesranipal_eye": true,
  "enable_vivesranipal_blink": true,
  "vivesranipal_eye_adjust_x": 1.0,
  "vivesranipal_eye_adjust_y": 1.0
 }
enable_vivesranipal_eye VIVE Pro Eyeの眼球の動きを検出するかどうか
enable_vivesranipal_blink VIVE Pro Eyeのまばたきの動きを検出するかどうか
vivesranipal_eye_adjust_x 左右の眼球の移動量
vivesranipal_eye_adjust_y 上下の眼球の移動量

眼球トラッキングについて

眼球が向いている方向のみのトラッキングです。 補正値を入れることでオーバーに目を動かすことができます。

config.json
 {
  "enable_vivesranipal_eye": true,
  "vivesranipal_eye_adjust_x": 1.0,
  "vivesranipal_eye_adjust_y": 1.0
 }

瞼トラッキングについて

瞼の閉じ具合をトラッキングできます。 片目別々にトラッキングしているのでウィンクなども可能です。

瞼トラッキングはVRM側に BLINK_L と BLINK_R のモーフ設定が必要です。

config.json
 {
  "enable_vivesranipal_blink" true
 }

目を動かすためのVRMモデルについて

こちらの記事を参照してください。 VRMモデルの視線制御(目の可動範囲)の設定方法


トラブルシューティング等

  • 現在(2019/7/29)Windowsのアカウント名に英数字ではない文字が含まれるとキャリブレーションに失敗する事があります。
    この現象は 公式が確認済みなので、随時対応されると思いますが、ViveProEyeを使用する場合は気をつけましょう。
virtualcast/controller/viveproeye.txt · 最終更新: 2019/08/01 19:15 by navana

ページ用ツール