ユーザ用ツール

サイト用ツール


virtualcast:other:posteffect

バーチャルキャストのポストエフェクト


バーチャルキャストは映像の体験向上のために、ポストエフェクトと呼ばれる映像全体に対するフィルタ効果を付与しています。


ポストエフェクトが有効になる条件

ポストエフェクトはバーチャルキャストの「クオリティ設定」が「」または「」のときに有効化されます。

またバーチャルキャストは「クオリティ設定」と「カメラ」によってポストエフェクトの有効・無効を切り替えます。 その条件を以下の表に示します。

ウインドウ映像 HMD 映像 鏡モニター 各種カメラ 動画キャプチャー キャプチャー
画質:低
画質:中
画質:高

ポストエフェクトは比較的 GPU 負荷の高い処理であるため、環境によってはバーチャルキャストが不安定になる場合があります。 不安定な場合は「クオリティ設定」を「低」にしてみてください。

付与されているポストエフェクト

この節では、バーチャルキャストが付与するポストエフェクトを列挙します。

Bloom

Bloom は強く発光する領域からの光の漏れ、その柔らかな広がりを演出します。 バーチャルキャストでは、輝度がおよそ 100% を超えるような場合に Bloom が起こります。

Color Grading

Color Grading は有り体に言えば色調補正です。 バーチャルキャストでは次の 2 つの目的をもって Color Grading を行っています。

ひとつは、普通なら白飛びしてしまうような強い光に階調を与えています。 ふたつめは、前者の色調補正によって若干失われるコントラストを復元しています。

ポストエフェクトを Unity Editor で再現する

VRM や VCI の作成時に「どの程度の明るさにすれば、どの程度 Bloom するのか」を知りたいと思います。 この節ではバーチャルキャストのポストエフェクトを再現する方法を提示します。

カラースペース

バーチャルキャストはカラースペースに Linear を採用しています。 カラースペースは Unity の Project Settings から 設定することができます。

使用ライブラリ

バーチャルキャストはポストエフェクトの実装に Post Processing Stack v2 を使用しています。 Unity 2018.1 以降のバージョンであれば Package Manager をつかって 容易に導入することができます。

Bloom

Intensity 1.0
Threshold 1.0
Soft Knee 0.5
Diffusion 7

Color Grading

Mode Custom
Shoulder Strength 1.0
Shoulder Length 0.5
Saturation 10
Contrast 10
virtualcast/other/posteffect.txt · 最終更新: 2019/08/01 20:12 by navana

ページ用ツール