Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メインメニュー

初心者向けガイド

VirtualCast

遊ぶ世界

THE SEED ONLINE

ニコニコ

SHOWROOM

配信

配信ツール

その他

wikiについて

デベロッパー向け


開発環境

VRM(アバター)

VCI(アイテム/背景)

VCI更新情報

更新日 - UniVCI バージョン
2021/03/17 v0.32
2.0.3b
2021/01/14 v0.31
2.0.1a
2020/12/03 v0.30
2.0.0b
2020/11/12 v0.30
2.0.0a
2020/10/22 v0.29
1.9.5b
2020/07/30 v0.29
1.9.3e
2020/06/25 v0.28
1.9.3c
2020/05/21 v0.27
1.9.2e

以前のアップデート履歴


GLB(背景)

vrdevice:supported

[ガイド] バーチャルキャストにおすすめのVRデバイス

バーチャルキャストに対応しているデバイスの概要の説明です。
下記デバイスについて説明しています。

  • Vive Pro
  • Vive Pro2
  • Vive Pro Eye
  • HTC vive
  • HTC vive cosmos
  • HTC vive cosmos Elite
  • Vive Focus3(PCとLinkCableでの接続)
  • Oculus Quest2(PCとLinkCable/AirLinkでの接続)
  • OculusRift S
  • Valve Index
  • WindowsMR(Lenovo)

Oculus Quest2を単体で利用する場合はQuest版のバーチャルキャストとなります。 Quest版のバーチャルキャストは こちら

VRデバイスの選定にあたって

理想を言えば各デバイスを体験できるとよいです。
体験の際に視野の感じや、手を動きまわしてどの範囲まで認識するか?等確かめてください。

予算・プレイ環境などによっても合う・合わないがある事かと思います。
ここに書いてある事はあくまで判断材料程度のものとして考えてください。

Vive Pro

HTC vive Pro
解像度 デュアルAMOLED 片目あたり1440 x 1600ピクセル(合計2880 x 1600ピクセル)
視野角 110度
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング方式 ライトハウス(部屋に2基のベースステーションを設置し、レーザーを使って位置を測定)
公式サイト VIVE™ 日本

Vive Pro のバーチャルキャストにおける主な特徴

* Viveトラッカーを追加で購入する事で 足・肘を操作する事ができるようになります。

Vive Pro2

HTC vive2
解像度 デュアル RGB 低残光性 LCD 片眼 2448 × 2448 ピクセル (両眼 4896 x 2448 ピクセル)
視野角 120度
リフレッシュレート 90Hz /120 Hz
トラッキング方式 ライトハウス(部屋に2基のベースステーションを設置し、レーザーを使って位置を測定)
公式サイト VIVE™ 日本

Vive Pro 2のバーチャルキャストにおける主な特徴

* Viveトラッカーを追加で購入する事で 足・肘を操作する事ができるようになります。

Vive Pro Eye

HTC vive Pro Eye
解像度 デュアルOLED 片目:1440 x 1600 pixel (両目:2880 x 1600 pixel)
視野角 110度
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング方式 アイトラッキング・ライトハウス(部屋に2基のベースステーションを設置し、レーザーを使って位置を測定)
公式サイト VIVE™ 日本

Vive Pro Eye のバーチャルキャストにおける主な特徴

  • ユーザーとアバターの目の動きを同期する アイトラッキング が使用できる。
  • Viveトラッカーを追加で購入する事で 足・肘を操作する事ができるようになります。
  • トラッカーとアイトラッキングを併用する事により、最もトラッキング要素の多い環境を構築する事ができる。

HTC Vive

HTC vive
解像度 片目:1080 x 1200 pixel (両目:2160 x 1200 pixel)
視野角 110 degrees
リフレッシュレート 90 Hz
トラッキング方式 ライトハウス(部屋に2基のベースステーションを設置し、レーザーを使って位置を測定)
公式サイト VIVE™ 日本

HTC vive のバーチャルキャストにおける主な特徴

  • Viveトラッカーを追加で購入する事で 足・肘を操作する事ができるようになります。
  • コントローラーが特徴的であるため、やや直感的な操作には劣る。
  • 標準のままはゴムバンドでの固定となるが、オーディオ ストラップを付ける事で装着が安定する。
  • ライトハウスを使用するためコントローラーを見失う頻度は少ないが、高く手を挙げる場合はベースステーションを高く設置する必要がある。
  • 使用ユーザー数が多い。

Valve Index

HTC vive
解像度 片目:1440 × 1600 pixel (両目:2880 x 1600 pixel)
視野角 130度
リフレッシュレート 80Hz , 90Hz , 120Hz , 144Hz
トラッキング方式 ライトハウス(部屋に2基のベースステーションを設置し、レーザーを使って位置を測定)
公式サイト Valve Index

Valve Index のバーチャルキャストにおける主な特徴

  • Viveトラッカーを追加で購入する事で 足・肘を操作する事ができるようになります。
  • Indexコントローラーは指を1本づつ曲げるハンドトラッキングが可能。
  • 指を全て制御できるため、操作がやや煩雑である。
  • HMDを固定するストラップが標準で付属する、ヘッドホンが耳に直接触れない。

Oculus Rift S

Oculus Rift S
解像度 片目:1280 x 1440ピクセル (合計:2560 x 1440ピクセル)
視野角 Oculus Riftと同程度(110°)
リフレッシュレート 80Hz
トラッキング方式 インサイドアウト方式
公式サイト Oculus Rift S

Oculus Rift S のバーチャルキャストにおける主な特徴

  • ※OculusRiftSは完全互換機のため、前世代機であるOculusRiftは現在販売されてません。
  • Viveトラッカーのような拡張コントローラーは2019年5月の時点では存在しない。
  • 前世代のtouchコントローラーに劣るが、手になじむ自然な形状で直感的な操作・演技が可能。
  • 装着に使用するバンドが改善されており、クッションのある締め付け式の機構で装着が快適になっている。

WindowsMR(Lenovo) + 他メーカー

WindowsMR(Lenovo)
解像度 片目:1440 x 1440ピクセル (合計:2880 x 1440ピクセル)
視野角 110°
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング方式 インサイドアウト方式
公式サイト Lenovo Explorer with Motion Controllers

WindowsMR(Lenovo)のバーチャルキャストにおける主な特徴

  • ※WindowsMRは複数のメーカーが生産しておりますが、どのメーカーも対応しています。
  • ケーブルが1本にまとまっており(1本のケーブルがUSBとHDMIに分かれます)、配線なども含めて手軽に行える。
  • 固定方法はクッションのある締め付け式の機構であり、装着感はよい。
  • マイクは内臓されてないため、別途マイクを取り付ける必要がある。
  • 腕を大きく振り回すような動作をする場合、手の位置を見失ってしまう事がある。
  • WindowsMRはPCVRの機材の中でも比較的低価格で購入する事ができる。
vrdevice/supported.txt · 最終更新: 2021/07/16 13:28 by mikagew

ページ用ツール