ユーザ用ツール

サイト用ツール


vscode:tutorial

VCIスクリプトの開発環境の導入

VCIスクリプトの作成には VCI開発環境の導入 の導入に加えて、下記ファイルのダウンロードおよびインストールが必要になります。


必要なファイルのダウンロード

VSCode

VSCodeより、VSCodeをダウンロードしインストールを行ってください。
VSCodeとはMicrosoft社が提供するオープンソースのテキストエディタです。(Wikipedia)
VCIのスクリプトを作成する際に使用します。

Java

Javaをインストールするには のページに従って、Javaをインストールしてください。
VSCodeの入力補助機能を有効にするプラグインを実行する為に必要です。


VSCodeインテリセンス(入力補助)を有効にする

Luaインテリセンスを有効にする


※先にJavaをインストールした後、念のためPCを再起動してください。

VSCodeを立ち上げて、左のバーにある四角いアイコン(拡張機能)を押して拡張機能のウィンドウを開いてください。
(Windowsなら[Ctrl]+[Shift]+[X]を押して拡張機能のウィンドウが開けます)
検索バーで[EmmyLua]と入力し、プラグインを追加してください。
Luaのインテリセンス(入力補助)が有効になります。

Unityインテリセンスを有効にする

この作業をする前にバーチャルキャストでVCIを読み込んで1度出現させてください。
バーチャルキャストの実行時に作成されるフォルダとファイルが必要な作業になります。

1.VSCodeを立ち上げて[ファイル] > [フォルダーを開く] からフォルダを開きます。

C:/Users/__USER_NAME__/AppData/LocalLow/infiniteloop Co,Ltd/VirtualCast

2.上記のパスにある[EmbeddedScriptWorkspace]フォルダを開きます。
※_USER_NAME_の部分はパソコンに設定されたユーザーネームです。

VSCode側で[types.lua]と[template.lua]が読み込まれていれば、Unityのインテリセンスが有効になります。

vscode/tutorial.txt · 最終更新: 2019/07/17 22:05 by navana

ページ用ツール