ユーザ用ツール

サイト用ツール


Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メインメニュー

初心者向けガイド

VirtualCast

遊ぶ世界

THE SEED ONLINE

ニコニコ

SHOWROOM

配信

配信ツール

その他

wikiについて

デベロッパー向け


開発環境

VRM(アバター)

VCI(アイテム/背景)

VCI更新情報

更新日 - UniVCI バージョン
2021/03/17 v0.32
2.0.3b
2021/01/14 v0.31
2.0.1a
2020/12/03 v0.30
2.0.0b
2020/11/12 v0.30
2.0.0a
2020/10/22 v0.29
1.9.5b
2020/07/30 v0.29
1.9.3e
2020/06/25 v0.28
1.9.3c
2020/05/21 v0.27
1.9.2e

以前のアップデート履歴


GLB(背景)

glossary

用語集

作成中 ソート順 記号>数字>英字>かな


記号

〇×プレート

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

Useすると〇の時は「ピンポン」×の時は「ブー」と音が鳴る。

数字

3Dオーディオ

スタジオで設定でき、有効にすると声の距離減衰が設定できるようになります。

設定方法はバーチャルキャストの3Dオーディオを参照してください。

B

BlendShape

VRMモデルに表情変更や口パク(リップシンク)等を入れる場合に使用します。

設定方法はVRMのブレンドシェイプ設定を参照してください。

Blog

バーチャルキャストのリリース情報やイベント情報、メンテナンス情報などがお知らせされるページ。

技術記事などもあります。

最新の情報は blogを参照してください。

C

config.json

現在config.jsonの使用は非推奨としている。

バーチャルキャストの設定をバックアップやコピー、直接編集を行うことが可能。

設定方法はconfig.jsonの設定一覧を参照してください。

G

GLB

バーチャルキャストで背景を作成する際の拡張子になります。

バーチャルキャストで背景を作成する際の拡張子は、GLB又はVCIである必要があります。

GLBで背景を作成する際はGLB作成を参照してください。

L

Lua

VCIをスクリプトで動かす際に使用するスクリプト言語。

Luaスクリプトを記載することでuseした時にエフェクトや音を出したり、アニメーションを再生したりすることが可能になる。

Luaスクリプトを記載してみたい方はLuaのチュートリアル (VCIスクリプト)を参照してください。

M

MakeAvatar

アバターを作成することができるスマートフォンアプリ。

特別な知識がなくても5分~10分で自分のアバターを作成できるので初めての方におすすめです。

作成方法、アップロード方法は こちらのブログを参照してください。

MIKU LAND

初音ミク公式のVR/ARアミューズメントパークです。

バーチャルキャストを使用することでVR空間上での他ユーザーとのコミュニケーションやミクランドオリジナル商品のショッピングを楽しむことができます。

イベント情報については ミクランド公式ページを参照してください。

MToon

アバター(VRM)とアイテム(VCI)で使用可能なトゥーンシェーダーです。

アイテムに色を付けたり、テクスチャを割り当てたりするのに使います。

詳しい使い方はMToonリファレンスを参照してください。

Q

Quest版

Oculus Questを利用して、Oculus Questストアからバーチャルキャストをインストール、開始した場合にQuest版のバーチャルキャストとなる。

Quest版の最新情報はQuest版リリース情報を参照してください。

S

SHOWROOM

ライブ配信サービス。

バーチャルキャストでSHOWROOM配信するとバーチャルキャストの 配信一覧に表示される。

SHOWROOMを使って配信したい人はSHOWROOMを参照してください。

Steam版

Steamを利用して、 Steamストアからバーチャルキャストをインストール、開始した場合にSteam版のバーチャルキャストとなる。

Steam版で遊ぶには、パソコンが必要になります。

Steam版の最新情報は Steam版リリース情報を参照してください。

T

THE SEED ONLINE

3DアバターファイルフォーマットVRMで作成された3Dキャラクター(人型アバター)や、VCI(Virtual Cast Interactive)をアップロードし、各種VRサービスや連携アプリで利用することが出来る。

バーチャルキャスト内で自作のアイテムやアバターを使いたい場合は THE SEED ONLINEと連携する必要がある。

連携方法はTHE SEED ONLINE TOPを参照してください。

Twitter投稿

バーチャルキャスト内で撮影した写真をバーチャルキャスト内からTwitterに投稿することが出来る。

tweet時の文言やタグも設定画面から指定できる。

Twitterへの投稿方法は[ガイド]バーチャルキャストでTwitter連携を行うを参照してください。

U

UniVCI

バーチャルキャスト内で使用するアイテム(VCI)を作成する際に必要となるパッケージ。

VCIを作成したい場合はVCI TOPを参照してください。

UniVRM

バーチャルキャスト内で使用するアバター(VRM)をUnityで作成する際に必要になるパッケージ。

VRMを作成したい場合はVRM TOPを参照してください。

V

VCI

VCI(Virtual Cast Interactive)とは、バーチャルキャスト内で使用可能なアイテムのことです。VCIを使ってアバター用の小物を作ったり、背景をカスタマイズすることができます。

自作で作成したアイテムや他の人が作成したアイテムをバーチャルキャスト内に持ち込むことが可能です。

VCIの持ち込み方は既存のアイテム(VCI)をTHE SEED ONLINEから利用するを、VCIの作成方法は[ガイド]初めてVCIを作成するを参照してください。

VCIスクリプト

VCIをuseしたときに動かしたり色を変えたりするために使用するものです。

VCIスクリプトを使用することで幅広い表現が可能になります。

VCIスクリプトを作成したい方はLuaのチュートリアル (VCIスクリプト)を参照してください。

verx.x.x

バーチャルキャストのリリースバージョンを表す。

ベータ版と安定版でそれぞれバージョンが違う。

バーチャルキャストを起動してタイトルの左下から現在のバージョンを確認できる。

最新のバージョンは blogを参照してください。

Vive

バーチャルキャストをVR空間で楽しむために必要な機材。

他にも、Valve Index、Oculus Riftなどがある。

詳しくはVRdevice TOPを参照してください。

Viveトラッカー

現実の手や足の位置をバーチャルキャスト内に反映させるために使用する。

なくても遊べるが、あるとよりリアルに遊べる。

設定方法はVIVEトラッカーの使用(フルボディトラッキング)を参照してください。

VRM

「VRM」はVRアプリケーション向けの人型3Dアバター(3Dモデル)データを扱うためのファイルフォーマットです。

glTF2.0をベースとしており、誰でも自由に利用することができます。

詳しくは VRM公式ページを参照してください。

VRMSpringBone

VRMSpringBoneを設定することで尻尾、髪の毛、衣装などで動きに合わせて揺れらすことが出来ます。

設定方法はVRMの揺れ物の設定を、公式ページは VRM公式ページを参照してください。

VRoid Studio 

アバターを作成することができるソフトです。

自由度が高く、オリジナルのアバターが作成できます。

詳しくは 公式ページを参照してください。

VR空間

アイテムを出して遊んだり、他人と交流が出来る空間。

バーチャルキャストを起動している間は、基本VR空間内になります。

Vカツ

アバターを作成することができるソフトです。

手軽にオリジナルのアバターが作成できます。

詳しくは 公式ページを参照してください。

Vギフト

視聴者が配信者に送ることが出来るギフトです。

普通のギフトと違い、Vギフトを送ると配信者の VR空間内にギフトが出現します。

Vギフトは期間限定で変更されます。

Vギフトは、 ニコニコ生放送 SHOWROOMでバーチャルキャスト配信をしている場合に使用することが出来ます。

バーチャルキャストでの配信一覧は こちらから確認できます。

アイテム

アイテムはバーチャルキャスト内で取り出すことが出来ます。

取り出したアイテムは、頭や体に装着したり、字を書いたり、音を出したり、他にもいろいろなことが出来ます。

アイテムはプリセットで用意されているものを利用したり、 THE SEED ONLINEから好きなアイテムを取り入れることが 可能です。

アイテムを使う

バーチャルキャスト内で取り出したアイテムを持った状態で特定の操作をすることで「アイテムを使う」ことが出来ます。

操作はコントローラーによって変わります。詳しくはアイテムの基本操作を参照してください。

アイテムを使うことで、アイテムごとに様々な操作が可能になります。

アバター

バーチャルキャスト内で自分が使用出来るものです。

アバターは、複数持つことができ、その場で変更することが可能です。

アバターは THE SEED ONLINEを使用することでバーチャルキャスト内に持ち込むことが可能です。

安定版

バーチャルキャストを遊ぶバージョンになります。

大事な生放送の配信予定があるので致命的な不具合が無いバージョンで遊びたい場合は安定版を、

新機能をなるべく早く遊んでみたい場合はベータ版で遊ぶことが推奨されています。

初期の遊ぶバージョンは安定版になります。

バーチャルキャストを遊ぶバージョンには安定版とベータ版があります。

リリース情報は blogを参照してください。

移動先指定

移動先指定は、タイトル画面で指定することが出来ます。

行きたいルーム、スタジオをあらかじめ指定することによって、タイトル画面から直接訪れたりリングメニューから訪れることが可能になります。

詳しくは凸関連|移動先指定用IDって何ですか?を参照してください。

移動先予約

移動先指予約は、Webページで予約することが出来ます。

行きたいスタジオを予約することによって、リングメニューから訪れることが可能になります。

詳しくは移動先予約を参照してください。

移動速度

バーチャルキャスト内で自分のアバターが移動する速度です。

移動速度は変更することが出来ます。

スタジオは個人で速度を設定することが可能ですが、 ルームはルームごとに全員が同じ値に設定されます。

お気に入り

ルームで設定することが出来ます。

お気に入りに設定することで、バーチャルキャスト内でリストから素早く確認することが可能になります。

詳しくはお気に入りについてを参照してください。

回転速度

バーチャルキャスト内で自分のアバターが回転する速度です。

回転速度は変更することが出来ます。

スタジオは個人で速度を設定することが可能ですが、 ルームはルームごとに全員が同じ値に設定されます。

外部入力モニター

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

Webcam等のビデオデバイスをバーチャルキャスト内に表示することができます。

使用方法は外部入力モニターを参照してください。

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

バーチャルキャスト内で鏡として扱うことが可能で、自分の姿を確認する為などに使えます。

使用方法はを参照してください。

可視性

可視性とは「配信に使うカメラにアイテムが映るか映らないか」の設定です。

「バーチャルキャスト内に居るプレイヤーからは見えるが、配信の映像には映したくない(視聴者は見えない)」といった場合に適宜変更します。

この設定はスタジオでのみ指定できます。

ただし、アイテムによっては可視性の変更ができないものもあるので、 詳しくはプリセットアイテムの削除・固定・可視性を参照してください。

カスタムアイテム

THE SEED ONLINEで取り込んだVCIの、スタジオ内での呼び方です。

取り込んだカスタムアイテムはスタジオ内で出現させて遊ぶことが可能になります。

ルーム内での呼び方は「マイアイテム」になります。

カスタムキャスト

スマートフォンでアバターを作成することができるアプリです。

手軽にオリジナルのアバターが作成できます。

詳しくは 公式ページを参照してください。

稼働エディション

ルームの状態を保存するのが、 安定版なのか ベータ版なのかを決める設定値です。

稼働エディションと違うエディションで遊んだ場合、VCI等を移動させても全員が退出時にリセットされます。

詳しくは稼働エディションについてを参照してください。

カメラ

ルームで使用できるアイテムの一つ。

バーチャルキャスト内で写真を撮影できる。

使用方法はルーム内カメラ操作方法を参照してください。

スタジオで使用できる写真撮影アイテムは「キャプチャー」です。

カンペ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

画像をあらかじめ設定して置き、バーチャルキャスト内に表示することができる。

透明度を変更したり、視聴者から見えなくすることなどが可能。

使用方法はカンペを参照してください。

起動モード

起動モードとは、スタジオに入室する際のモードのことを言います。

VR機器を使用した通常モードで入室するかVR機器を使用せずにデスクトップのみでスタジオへ入室するかを、タイトル画面から選択できます。

詳しくは起動モードを参照してください。

キャプチャー

ルームで使用できるアイテムの一つ。

バーチャルキャスト内で写真を撮影できる。

使用方法はキャプチャーを参照してください。

スタジオで使用できる写真撮影アイテムは「カメラ」です。

キャリブレーション

キャリブレーションとは、アバターと現実の体格の差を吸収し、なるべく現実の動きとアバターの動きが一致するようにするための調節機能です。

詳しくはアバターのキャリブレーションを参照してください。

ゲストカメラ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

マイスタジオ以外で配信したいときに使用できるカメラです。

マイスタジオの「 ハンディカメラ」と同じような役割になります。

使用方法はゲストカメラを参照してください。

公開ルーム

公開ルームは、他の人がいつでも入れるように公開した状態のルームです。

マイルームを公開することで 公式ページに表示されたり、 リングメニューに表示されるようになります。

詳細は公開ルームについてを参照してください。

光源

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

スタジオ内の明るさや、光源の向きを変えることが出来ます。

スタジオのオーナーのみ出現させることが可能です。

使用方法は光源を参照してください。

公式スタジオ

参加者が0人でも常に凸リストに存在し続けるスタジオです。

放送者がいなくても人が集まれるのが特徴です。

詳細は公式スタジオを参照してください。

固定化

バーチャルキャストのアイテムは固定させることが出来ます。

固定すると、解除するまでアイテムが持てなくなり、固定した位置から動かなくなります。

コメント

配信に対する視聴者からのコメントのことを指します。

スタジオではコメントをバーチャルキャスト内に落下させることが可能です。

詳細はコメントを参照してください。

コンテキストメニュー

コンテキストメニューはアイテムやロケーションに対して出せるメニューです。

個々のアイテム音量や可視性、固定化などアイテムによって可能な操作が変わります。

詳細はコンテキストメニューを参照してください。

視野制限

移動時、 画面の視野を狭くして酔いを軽減することが出来ます。

リングメニュー、又は タイトルから設定できます。

寿命

ルームで出現させた アイテムを自動で削除するタイミングを設定できます。

自分が退出したときに自動で削除したり、全員が退出したときに削除することが可能になります。

詳細は寿命変更を参照してください。

詳細設定

バーチャルキャストに関する設定で、タイトル画面から設定可能です。

画像読み込みやTwitter連携、操作方法などが設定できます。

詳細は詳細設定についてを参照してください。

スイッチングカメラ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

一定間隔ごとに、ランダムで位置が変わるライブ配信向きのカメラを出現させます。

出現させるとモニターカメラと、VirtualCastのクライアントに映ってる映像がスイッチングカメラの映像に切り替わります。

使用方法はスイッチングカメラを参照してください。

スタート時移動先

バーチャルキャストを起動した時にタイトル画面から、マイルーム、マイスタジオ、入力済み移動先のどこからスタートするかを選択できます。

タイトル画面の見方はバーチャルキャストの起動方法とタイトル画面の見方を参照してください。

スタジオ

バーチャルキャストを遊ぶ場所の1つです。

スタジオは、コメントが降ってきたり出来たりと、配信をする人向けの場所になります。

バーチャルキャストの遊ぶ世界は、スタジオとルームがあります。

スタジオでの遊び方はスタジオについてを参照してください。

スタジオID

スタジオを作成すると生成されるIDです。

スタジオIDは、 配信一覧から確認することも可能です。

スタジオIDを使用してタイトル画面で設定することですることが可能です。

スタジオIDの取得方法はスタジオIDを参照してください。

スナップ回転

スナップ回転は、操作設定の項目のひとつです。

回転方法をスナップ回転に設定すると、瞬間的に30度ずつ回転するようになります。

スムーズ回転

スムーズ回転は、操作設定の項目のひとつです。

回転方法をスムーズ回転に設定すると、継続的に回転し続けるようになります。

操作タイプ

操作タイプは、ルーム内の操作設定の項目のひとつです。

ルームでは、スタジオと違いジャンプなどの操作が可能なため、スタジオとは別の操作設定が容易されています。

なるべくスタジオに寄せた操作方法の「スタジオタイプ」とジャンプを含めた移動がしやすい「ルームタイプ」があります。

詳細はコントロールを参照してください。

装着

VCIに関する用語です。

VCIは、帽子を頭にかぶったり腕時計を付けたり、装着が可能なものがあります。

装着の可否はVCI制作時に設定できます。

詳細はVCI Attachable (VCISDK)を参照してください。

タイトル画面

タイトル画面は、バーチャルキャストを起動して一番最初の画面です。

ニックネームを入力しバーチャルキャストをスタートしたり、詳細設定を開くことが可能です。

タイトル画面で出来ることはバーチャルキャストの起動方法とタイトル画面の見方を参照してください。

ダイレクトビューモード

ダイレクトビューモードは、HMDを使用せずPCのみでをすることが出来る設定です。

ただし、凸先のスタジオがダイレクトビューモードのを許可している必要があり、マイクなどの一部機能を使用することはできません。

詳細はVR機器を使わない自由視点のカメラ(ダイレクトビューモードの使い方)を参照してください。

追従カメラ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

スタジオのホスト(配信主)の方向を常に注目するカメラを出現させます。

使用するとモニターカメラと、VirtualCastのクライアントに映ってる映像が追従カメラの映像に切り替わります。

使用方法は追従カメラを参照してください。

ディスプレイ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

デスクトップの画面をそのままバーチャルキャスト内に表示するアイテムを出現させます。

出現させたディスプレイを操作することも可能です。

使用方法はディスプレイを参照してください。

デバッグコンソール

VCI作成者向けのコンソールです。

バーチャルキャスト内でVCIスクリプトのSystemメッセージが表示されます。

詳細はVCIスクリプトのチュートリアルを参照してください。

動画キャプチャー

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

バーチャルキャスト内で動画を撮影できます。

使用方法は動画キャプチャーを参照してください。

動画プレイヤー

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

バーチャルキャスト内でYouTubeやニコニコ動画を再生する事ができます。

使用方法は動画プレイヤーを参照してください。

匿名ユーザー

THE SEED ONLINEと連携していないユーザーのことを指します。

ルームによっては匿名ユーザーは入室できない制限などがあります。

THE SEED ONLINEとの連携方法はバーチャルキャストとTHE SEED ONLINEを連携させるを参照してください。

他の配信者のスタジオに乱入する機能を「凸」と呼称しています。

引用 : 凸関連|凸とはなんですか?

ニックネーム

スタジオ内で利用する名前です。

タイトル画面から設定できます。

ルームではTHE SEED ONLINEのアカウント名が使用されるため、ニックネームは使用されません。

THE SEED ONLINEと連携していない状態でルームに入室する場合は匿名として入室し、名前にはニックネームが使用されます。

背景

マイスタジオやマイルームの見た目のこと。

THE SEED ONLINEから追加することで様々な背景を使用できます。

変更方法や追加方法はバーチャルキャストで使用する背景・ロケーションについてを参照してください。

ハリセン

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

叩くとエフェクトが出ます。

番組

バーチャルキャストを利用して配信をしている場合、番組として 番組一覧に表示されます。

放送するときは、バーチャルキャスト起動時に配信オプションから起動する必要があります。

番組一覧から放送中の番組を確認できます。

ハンディカメラ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

使用するとモニターカメラと、VirtualCastのクライアントに映ってる映像がハンディカメラの映像に切り替わります。

使用方法はハンディカメラを参照してください。

ハンドレーザー

コントローラーのメニューボタンを長押しをしたときに手からでる白いレーザーです。

ハンドレーザーをVCI背景に当てることでコンテキストメニューを開くことが可能です。

引き寄せ

バーチャルキャスト内にあるVCIを手元に引き寄せることが出来ます。

スタジオルームで引き寄せる方法が異なります。

引き寄せの方法は、アイテムを引き寄せるを参照してください。

ピコピコハンマー

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

プレイヤーに当たると音とエフェクトが再生されます。

使用方法はピコピコハンマーを参照してください。

表情変更

バーチャルキャスト内で操作することでVRMに登録された表情に変更することが可能です。

変更できる表情は主に喜、怒、哀、楽があります。

ルームとスタジオで操作が異なります。

操作方法はそれぞれスタジオ基本操作ルーム内基本操作を参照してください。

プリセットアイテム

バーチャルキャストで標準で用意されているVCIです。

プリセットアイテムは、THE SEED ONLINEと連携していなくても使用することが可能です。

スタジオのプリセットアイテムについてはプリセットアイテムの使用方法を、ルームのプリセットアイテムについてはルームのプリセットアイテムを参照してください。

プロファイル機能

プロファイル機能は1つの端末で複数のセーブデータ・アカウント連携情報・設定情報を保持をする機能です。

詳細はプロファイルを指定したバーチャルキャストの起動をご確認ください。

ベータ版

バーチャルキャストを遊ぶバージョンになります。

大事な生放送の配信予定があるので致命的な不具合が無いバージョンで遊びたい場合は安定版を、

新機能をなるべく早く遊んでみたい場合はベータ版で遊ぶことが推奨されています。

ベータ版でリリースされて、重大な不具合がない事が確認されたバージョンを、安定版としてアップデートしています。

詳しくは ベータ版リリースBlogを参照してください。

ボイスチャット

ボイスチャットは、マイクなどの入力デバイスを用いてバーチャルキャスト内で人と話をすることです。

マイク本体の設定でOFFにするか リングメニューからマイクミュートにしていない場合、常にマイクから拾った音が相手に聞こえる状態です。

使用するマイクは詳細設定入力デバイスから変更できます。

ホワイトボード

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

画像を取り込んでバーチャルキャスト内で表示したり、マーカーペンを使用して文字や絵を描くことができます。

使用方法はホワイトボードを参照してください。

マーカーペン

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

ホワイトボードに文字を書くことが出来ます。

使用方法はマーカーペンを参照してください。

マイアイテム

THE SEED ONLINEで取り込んだVCIの、ルーム内での呼び方です。

取り込んだマイアイテムはルーム内で出現させて遊ぶことが可能になります。

スタジオ内での呼び方は「カスタムアイテム」になります。

マイク

ボイスチャットで使用する入力デバイスの他に、

スタジオで使用できる プリセットアイテムの「マイク」があります。

マイクが出現中の間はコメントの落下位置がマイクを基準になります。

また、3Dオーディオが有効の場合、マイクを持っている間は持っている人の声が一律に聞こえるようになります。

使用する「ピー」という音がなります。

詳しい使用方法はマイクを参照してください。

マイスタジオ

マイスタジオは自由にVCIを設置したり、配信に使用することができるスペースです。

タイトル画面スタート時移動先スタジオを選択してスタートした場合、マイスタジオから始まります。

スタジオIDを教えることで知り合いをマイスタジオに呼ぶことが出来ます。

マイルーム

マイルームは自由にVCIを設置したり、友人と秘密基地を作成したりできるスペースです。

マイルームは複数所持することが可能です。

タイトル画面スタート時移動先ルームを選択してスタートした場合、マイルームから始まります。

ルームキーを教えることで知り合いをマイルームに呼ぶことが出来ます。

モザイク

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

3Dの空間を覆うようなモザイクです。

装着することも可能です。

使用方法はモザイクを参照してください。

モニターカメラ

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つで、

ルームには初期配置されているモニターです。

モニターカメラに表示されている映像は、VirtualCastのクライアントに映すことが可能です。

使用方法はモニターカメラを参照してください。

ユーザー種別

ルームの機能制限に使うことが出来る値です。

詳細はユーザー種別を参照してください。

リンク

使用することで指定したルームに移動できるオブジェクトです。

友人と全員で同じ場所に移動したい場合や、マイルームに招待したい場合などに使用すると便利です。

使用方法などの詳細はリンクについてを参照してください。

リングメニュー

バーチャルキャスト内で、VCIを出したりキャラクターを変更したりすることが出来るメニューです。

スタジオルームで表示されるリングメニューが異なります。

詳細はスタジオについてルームのリングメニュー機能一覧を参照してください。

ルーム

バーチャルキャストを遊ぶ場所の1つです。

ルームには壁や床に辺り判定があり、通ることが出来ない壁や高さの概念があります。

バーチャルキャストの遊ぶ世界は、スタジオとルームがあります。

ルームでの遊び方はルームについてを参照してください。

ルームキー

マイルームを作成すると生成されるIDです。

ルームキーは公開ルーム一覧から確認することが可能です。

ルームキーを使用してタイトル画面で設定することで指定先のルームに移動することが可能です。

詳細はルームキーを参照してください。

レーザーポインター

スタジオで使用できる プリセットアイテムの一つ。

遠くから別のアイテムを操作するのに使用します。

使用方法はレーザーポインターを参照してください。

ロケーション

マイスタジオやマイルームの見た目のこと。

THE SEED ONLINEから追加することで様々な背景を使用できます。

変更方法や追加方法はバーチャルキャストで使用する背景・ロケーションについてを参照してください。

glossary.txt · 最終更新: 2021/09/29 13:52 by t-daihisa

ページ用ツール