unity:shader:mtoonsample2

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
unity:shader:mtoonsample2 [2021/06/24 17:12]
t-daihisa
unity:shader:mtoonsample2 [2022/06/06 18:16]
pastatto HDLについて記載
ライン 1: ライン 1:
-====== MToonエミッションを使用して光るオブジェクトを作成する ====== +====== MToonエミッションを使用して光るアセットを作成する ======
-バーチャルキャストは[[https://​virtualcast.jp/​blog/​2019/​06/​virtualcast161a/​ | 1.6.1aのアップデート]]でポストエフェクトとアイテム(VCI)でのMToonが追加されました。 +
 ここでは光るアイテムの作成方法(エミッションの設定)について説明します。 ここでは光るアイテムの作成方法(エミッションの設定)について説明します。
  
ライン 22: ライン 20:
 {{:​unity:​shader:​mtoonemission.jpg?​direct&​600|}} {{:​unity:​shader:​mtoonemission.jpg?​direct&​600|}}
  
-MToonでエミッションを使用するには、Emissionの項目で発させたいカラーと、マスクを設定します。\\ +MToonでエミッションを使用するには、Emissionの項目で発させたい**カラー**と、**マスク**を設定します。 
-マスクと定の領域の表示情報設定たもので、主に白黒やグレースケール画像が使用されます。+ 
 +カラー**HDR(ハイダイナミックレンジ)**で指します。 
 +通常カラーはRGBに0~1格納ますが、HDRではRGBに1以上値を格納することで、1を超えた値分だけ発光します。
  
-マスクはテクスチャのUV座標に対応しているので、サンプルのヘッドホンの場合は…\\ +マスク特定の領域の表示情報を設定したもので、主に白黒やグレースケールの画像が使用されます。\\ 
-耳の中とスピーカーの溝のUVの部分が白、それ以外が黒となっている画像を用意します。+テクスチャのUV座標に対応しているので、光らせたい部分が****、それ以外が****となっている画像を用意します。\\ 
 +このとき、光らせたい色を着色することで、その色に光らせることも出来ます。
  
-マスク(テクスチャ)は原則的に縦横1対1の正方形で、2乗数の解像度のものを使用します。\\ 
-256pxか512px程あれば問題ないかと思いますが、細かい模様などの場合は高解像度のマスクを使用します。 
  
 ===== サンプルファイル ===== ===== サンプルファイル =====
unity/shader/mtoonsample2.txt · 最終更新: 2022/06/06 18:16 by pastatto

ページ用ツール