Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メインメニュー

初心者向けガイド

VirtualCast

遊ぶ世界

THE SEED ONLINE

ニコニコ

SHOWROOM

配信

配信ツール

その他

wikiについて

デベロッパー向け


開発環境

VRM(アバター)

VCI(アイテム/背景)

VCI更新情報

更新日 - UniVCI バージョン
2021/03/17 v0.32
2.0.3b
2021/01/14 v0.31
2.0.1a
2020/12/03 v0.30
2.0.0b
2020/11/12 v0.30
2.0.0a
2020/10/22 v0.29
1.9.5b
2020/07/30 v0.29
1.9.3e
2020/06/25 v0.28
1.9.3c
2020/05/21 v0.27
1.9.2e

以前のアップデート履歴


GLB(背景)

vci:component:sdk:effekseer

Effekseer (VCI対応)

Effekseer v1.5対応状況(VirtualCast v1.9.2d~)

  • VirtualCast v1.9.2d と UniVCI v0.26 から、Effekseerのバージョンがv1.5bになります
  • これによりUniVCI v0.26でEffekseerを含むVCIを作成し、VirtualCast v1.9.2c(安定板)で読み込むと正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。
  • Effekseer v1.5の新機能として、カスタムマテリアルを設定出来ますが UniVCI v0.26 の時点ではこの機能に対応していません。

EffekseerからUnityへの取り込み


  1. 最新の VCI UnityPackageをダウンロードし、プロジェクトにインポートしてください。
  2. Effekseerでエフェクトを作成し、プロジェクトファイルを保存して、[標準形式]よりエフェクトファイルを保存してください。
  3. エフェクトファイルと、エフェクトに使用したデータをUnityのassetフォルダへドラッグ&ドロップしてください。
  4. エフェクトの情報をInspectorで開き、テクスチャ等がちゃんと割り当てられてるか確認してください。
    割り当てられてない場合、手動で割り当ててください。

コンポーネント 画像

Effekseer Emitter

プロパティー 機能
Effect Asset 再生したいエフェクトを割り当てます。
Play On Start 有効の場合、VCI出現時にエフェクトを再生します。
Is Looping 有効の場合、エフェクトがループ再生されます。

オブジェクト構成について

  • エフェクトを付与したいゲームオブジェクトに[Effekseer Emitter]をadd Componentしてください。
  • Effect用オブジェクトの配置場所は、VCIObject以下であればどこに配置しても問題ありません。
  • [VCI SubItem]をadd Componentしなくても[Effekseer Emitter]単体で動作します。

EffectをVCIスクリプト再生するサンプル

オブジェクトとコンポーネントの構成

VCIスクリプト

main.lua
-- エフェクトはエフェクトをaddComponentしたオブジェクト名を指定して取得します
-- Effect という名前のゲームオブジェクトにアタッチされたエフェクトを変数 eff に格納する
local eff = vci.assets.GetEffekseerEmitter("Effect")
local toggle = false
 
function onUse(use)
    --SubItemをUseした時にエフェクトを再生する
    if use == "SubItem" then
        --toggleを反転する
        toggle = not(toggle)
 
        if toggle == true then
            --effに格納したエフェクトを再生する
            eff._ALL_Play()
            --再生したエフェクト名を表示する
            print(eff.EffectName.."のエフェクトを再生しました。")
        end
 
        if toggle == false then
            --effに格納したエフェクトを停止する
            eff._ALL_Stop()
            --停止したエフェクト名を表示する
            print(eff.EffectName.."のエフェクトを停止しました。")
        end
    end
end

解説

基本的な使い方としては… vci.assets.GetEffekseerEmitter(“エフェクトをアタッチしたオブジェクト名”) でエフェクトを変数に格納し、変数からエフェクトを呼び出す形で実行します。
その他のVCIスクリプトにつきましては Effekseer (VCIスクリプト) を確認してください。
サンプルは EffectSample から使用する事ができます。

仕様について

  • ディストーション機能はOffになっているため使用できません。
  • Effekseer自体の音声再生機能は使用できません。

その他注意点など

  • VR用のエフェクト作成時は、特別な理由が無い限りは「深度テスト」をONの状態で作成したほうが良いです。OFFの場合はオブジェクトの前後関係を無視して描画されるため、深度違反となりVR上の見た目が悪くなります。

  • Effekseer入りのVCIをUnityEditorで取り込む際の注意点
    • 1つのeffect内に同じテクスチャ名が存在していた場合、同一フォルダに出力されるため上書きされます、テクスチャ名はなるべく違う名前で設定してください
  • UnityEditor上で動作確認する場合の注意点
    • 1つのeffect内で同じアセット参照を2か所以上にセットした状態でUnityEditor上で再生を行うと、UnityEditorがクラッシュする現象が確認されています、お手数ですが1つのeffect内で同じテクスチャ(またはモデル)をセットしたい場合はアセットをコピーしてセットして頂きますようお願いいたします、この件は後日修正致します。

vci/component/sdk/effekseer.txt · 最終更新: 2021/06/24 18:59 by t-daihisa

ページ用ツール