Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

VirtualCast

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:component:sdk:playerspawnpointrestriction

VCI PlayerSpawnPointRestriction

  • VCIPlayerSpawnPointRestriction の作成には VCI v0.30以降が必要です。
  • THE SEED ONLINE では VCIPlayerSpawnPointRestriction の動作確認はできません。
  • 隠し機能なため、Room では使用できません

何をするためのコンポーネントか

VCIPlayerSpawnPoint と紐づいた Player(演者)に対して、制限を加えるためのコンポーネントです。

現状は以下の2つの機能が存在します。

1. 可動範囲制限

2. 姿勢制限

VCIPlayerSpawnPoint 同様、背景VCIとして読み込んだ場合にのみ機能します。

導入方法

VCIObject がアタッチされた GameObject 下のいずれかの階層にある GameObject に VCIPlayerSpawnPointRestriction をアタッチしてください。 (自動で VCIPlayerSpawnPoint もアタッチされます)

1つの VCI に複数追加することができます。

1つの GameObject にアタッチできる VCIPlayerSpawnPointRestriction は1つです。

可動範囲制限

Player のXZ平面での可動範囲を制限します。

出現地点を原点とした制限になります。

出現地点の指定は、VCIPlayerSpawnPoint 側で行ってください。

必要ない場合は、 RangeOfMovementRestriction を NoLimit にしてください。

半径制限

RangeOfMovementRestriction を Circle にした場合有効になります。

出現地点を中心として、紐づけられた Player の可動範囲は LimitRadius で指定された円形範囲内になります。

指定した可動範囲は、画像のように緑色の線で可視化されます。

Circle を指定した状態で LimitRadius を 0 にした場合、Player は出現地点から移動できなくなります。

矩形制限

RangeOfMovementRestriction を Rectangle にした場合有効になります。

出現地点とアタッチされた GameObject のY軸回転を基準に、

LimitRectLeft/Right/Backward/Forward で左右後前に動ける距離をそれぞれ指定できます。

Left, Backward には0以下の値、Right, Forward には0以上の値を入れる必要があります。

紐づけられた Player の可動範囲は上記で指定した値によって囲われた矩形範囲内(もしくは線上)になります。

指定した可動範囲は、画像のように緑色の線で可視化されます。

姿勢制限

必要ない場合は、 PostureRestriction を NoLimit にしてください。

座位指定

指定した PlayerSpawnPoint の Order に紐づいた Player キャラクターは、指定方向を前として座った姿勢で固定されます。

PostureRestriction を SitOn にした場合有効になります。

PlayerSpawnPointRestriction がアタッチされたコンポーネントのY軸回転によって、Player キャラクターの「前」がZ軸+方向に固定されます。

SeatHeight で座る仮想椅子の座面高を指定でき(単位は m)、 Player の Hip が指定した高さに固定されます。

vci/component/sdk/playerspawnpointrestriction.txt · 最終更新: 2021/06/24 19:02 by t-daihisa

ページ用ツール