Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

VirtualCast

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:sample:gun

FPS用の銃VCIを作る

バーチャルキャスト内で遊べるFPSゲームでは、自分で作成した銃を使って戦うことが出来ます。
FPSゲームの銃として使うには弾のコライダーの名前がBulletである必要があります。
このページでは、FPSゲームで自作の銃を使えるようにするための説明をします。

VCIをまだ作ったことがない人

必要なソフトのダウンロードをして環境の準備をします。
必要なソフトは、Unity、VSCode、Javaです。
それぞれのダウンロード方法は下記で確認できます。

また環境構築をする必要があるので、下記を参考に準備してください。

一連の流れを確認しながら導入したい場合は、 初めてのVCI作成のページを見ながら、VCIスクリプトの開発環境の導入まで終わらせましょう。
また、わからなくなってしまった場合や作業に詰まってしまった場合は 初めてのVCI作成のページを確認してみてください。

銃VCIの作成方法

その1~その8でやることを動画でまとめて確認

【発展】自分好みに銃をカスタムする

Tips

銃以外をUseしても弾が出ないようにする

ここでは銃として機能する最低限のことを説明したため、銃以外をuseしても弾が出てしまうスクリプトになっています。
これを回避するには、スクリプトに下記を追加する必要があります。

main.lua
function onUse(use)
 
    --銃以外がuseされた場合
    if use == not(Gun) then
        return      --何も処理しないで戻る
    end
 
    --銃の処理
    --
    --
 
end

FPS用のアーマーに弾が当たっても反応しない

弾のコライダーの名前がBulletである必要があります。
Unity上で弾のコライダーとして使用しているオブジェクトの名前が「Bullet」になっているか確認してください。

Unityだけで銃の形を作りたい

Gunの子要素にCubeやSphereを入れて位置を調整すると簡単な形を作ることが出来ます。
自分好みの形にしてみましょう。

他にも機能を付けたい

VCIでやりたい事から索引する[ガイド]VCIサンプル一覧を参考にしながら自分だけの銃を作成してみましょう。

vci/sample/gun.txt · 最終更新: 2022/05/20 13:17 by 135.125.88.213

ページ用ツール