vci:sample:input:sample1

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:sample:input:sample1 [2019/09/20 13:16]
oinari [コンポーネント設定]
vci:sample:input:sample1 [2022/03/06 23:06] (現在)
Ramen [非推奨の関数名修正]GetSubItem→GetTransform
ライン 1: ライン 1:
 ====== キーボードの入力で移動・拡縮・回転するVCIを作る ====== ====== キーボードの入力で移動・拡縮・回転するVCIを作る ======
-\\ + 
-キーボードの入力を受け取ってVCIを移動・回転・拡縮させます。\\+キーボードの入力を受け取ってVCIを移動・回転・拡縮させます。
  
   * THE SEED ONLINE : [[https://​seed.online/​items/​0c7e9cfdf05ff6dc59da47ab1a507f4681c72aa3cf968340eb05d73924a4e330|KeyInputSample]] ​   * THE SEED ONLINE : [[https://​seed.online/​items/​0c7e9cfdf05ff6dc59da47ab1a507f4681c72aa3cf968340eb05d73924a4e330|KeyInputSample]] ​
   * スクリプトリファレンス : [[vci:​script:​reference:​vciinput | vci.me.GetAxisInput() (キー入力)]]   * スクリプトリファレンス : [[vci:​script:​reference:​vciinput | vci.me.GetAxisInput() (キー入力)]]
- 
----- 
  
 ===== コンポーネント設定 ===== ===== コンポーネント設定 =====
  
 コンポーネントはSubItemが設定されていれば他に必要なコンポーネント等はありません。\\ コンポーネントはSubItemが設定されていれば他に必要なコンポーネント等はありません。\\
-下記のサンプルは Target という名前のSubitemが必要です。\\ +下記のサンプルは Target という名前のSubitemが必要です。
- +
-----+
  
 ===== VCIスクリプト ===== ===== VCIスクリプト =====
  
 <file lua main.lua>​ <file lua main.lua>​
-local _Target = vci.assets.GetSubItem("​Target"​)+local _Target = vci.assets.GetTransform("​Target"​)
  
 function update() function update()
ライン 84: ライン 80:
 </​file>​ </​file>​
  
-キーボードでXZ方向の移動、UIで上昇降下、12で回転、34で拡大縮小を行います。\\ +キーボードでXZ方向の移動、UIで上昇降下、12で回転、34で拡大縮小を行います。
- +
-----+
  
 ===== VCIスクリプト(解説) ===== ===== VCIスクリプト(解説) =====
ライン 101: ライン 95:
  
 GetAxisには押された状態の値が常に入り続けます。\\ GetAxisには押された状態の値が常に入り続けます。\\
-移動の処理などを行う場合は値をそのまま使えばよいですが、コンソールなどの場合は0の時は表示しないようにするのがよいかと思われます。\\+移動の処理などを行う場合は値をそのまま使えばよいですが、コンソールなどの場合は0の時は表示しないようにするのがよいかと思われます。
  
vci/sample/input/sample1.1568952976.txt.gz · 最終更新: 2019/09/20 13:16 by oinari

ページ用ツール