Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:sample:location

ルーム用のロケーションを作る

このページでは、ルーム用のロケーションをVCI出力で作成するための説明をします。

他の人が作成したロケーションを使用したい方は⇒⇒⇒こちら

VCIやロケーションをまだ作ったことがない人

必要なソフトのダウンロードをして環境の準備をします。
必要なソフトは、Unity、VSCode、Javaです。
それぞれのダウンロード方法は下記で確認できます。

また環境構築をする必要があるので、下記を参考に準備してください。
バージョンは0.30以上をダウンロードしてください。

一連の流れを確認しながら導入したい場合は、 初めてのVCI作成のページを見ながら、順序5VirtualCastとTHE SEEDを連携させるまで終わらせましょう。
また、わからなくなってしまった場合や作業に詰まってしまった場合は 初めてのVCI作成のページを確認してみてください。

ルーム用のロケーションの作成方法

【発展】階段や地下室の作成方法など

マイルームを公開する

マイルームを公開することで、友達と一緒にプライベートで遊ぶなど様々な遊びが可能になります。
現在1人3つまでマイルームを持てるので是非マイルームを公開してみましょう。

リンク説明
マイルームを公開する方法[ガイド]マイルームを公開するまでの手順
ルーム情報の設定入室できる人の範囲などルームごとの設定について
ルームの移動速度とジャンプ力の設定ルーム内の移動速度とジャンプ力について

ルーム内の権限について

マイルームを公開した際、入室許可範囲を指定したりVCIの操作権限などをユーザーごとに設定することが出来ます。
ルーム情報の設定から、ユーザー種別ごとに設定ができます。

リンク説明
ユーザー種別各ユーザー種別についての説明
ルームの管理者を設定するユーザー種別の管理者権限をユーザーに付与する方法
追い出す機能とブロック機能追い出す機能とブロック機能

Tips

「使用できないコンポーネントが含まれています。」と表示される

MeshColliderなどが壁や床などに設定されている場合、VCIエクスポート時にエラーが出てしまいます。
MeshColluderを削除してBoxColliderを新しく用意することで対処できます。
BoxColliderの設定方法は床や壁の作成(Cube以外使用)を参照してください。

vci/sample/location.txt · 最終更新: 2022/05/20 13:17 by 135.125.88.213

ページ用ツール