Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

VirtualCast

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:sample:location:06

階段や坂の作成方法

このページはルーム用のロケーションを作るための解説ページです。

手順

1. 階段を準備します。
UnityのSceneに階段にしたいものを用意します。
今回はUnityのCubeで階段を作成します。
UnityのCubeを作成する方法は床や壁の作成(Cube使用)で確認してください。

2. 階段のコライダーを全て削除します。
UnityのCubeは、デフォルトでBox Colliderがついています。
見た目は階段ですが、Colliderを坂のように設定します。
そうすることでジャンプをしなくても登れるようになります。

Colliderを削除したいオブジェクトを選択して、Box Colliderの「︙」を選択してRemoveComponentします。
また、オブジェクトの数が多い場合は「Ctrl+左クリック」又は「Shift+左クリック」でまとめて選択してからBox Colliderの「︙」を選択してRemoveComponentすることで一括で削除できます。

3. Colliderを新しく設定するために空のゲームオブジェクトを作成します。
Hierarchyウィンドウで右クリックして「Create Empty」を選択して空のゲームオブジェクトを作成します。
ここでは、階段のGameObjectの子に設定しています。

4. Colliderを設定します。
作成した「GameObject」を左クリックして、Inspectorウィンドウで詳細を確認します。
初めに名前をわかりやすいものに変えましょう。
Inspectorウィンドウの一番上の入力欄に、新しく名前を入力します。
ここでは、「StairsCollider」とします。
次に、Inspectorウィンドウの一番下のAdd Componentから 「Box Collider」をクリックしてスクリプトを追加します。
検索欄に「Box」と入力するとスムーズに見つかります。

5. Colliderの大まかな位置を設定します。(コピー)
階段の真ん中あたりのオブジェクトを選択して、InspectorウィンドウでTransfprmの「︙」をクリックし、Copy Componentを選択します。
これで階段の真ん中のTransfprmの情報をコピーできました。

6. Colliderの大まかな位置を設定します。(ペースト)
3で作成した「StairsCollider」を選択して、InspectorウィンドウでTransfprmの「︙」をクリックし、Paste Componentを選択します。

これで階段の真ん中の位置にColliderが設定されました。

7. Colliderの調整
階段にそってColliderが出来るようにTransformを調整します。
上はなるべく凹凸がないように(※1)、下は地面にうまるように設定(※2)することがポイントです。

8. レイヤーの設定
最後に、作成したColliderのレイヤーを「24:Location」に設定して完了です。
角度をつけすぎると登れないので注意してください。

前後のページ

ロケーション作成作成関連ページ

vci/sample/location/06.txt · 最終更新: 2022/05/20 15:19 by pastatto

ページ用ツール