vci:sample:material:light

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
次のリビジョン 両方とも次のリビジョン
vci:sample:material:light [2021/07/08 16:45]
t-daihisa
vci:sample:material:light [2021/11/18 18:21]
numa
ライン 8: ライン 8:
  
 色と光の形状を変更できるライトです。\\ 色と光の形状を変更できるライトです。\\
-色と光それぞれの状態を共有変数を定義することで、ユーザー間で同期するようになっています。\\+色と光それぞれの状態を[[vci/​script/​reference/​syncvariable|同期変数]]を定義することで、ユーザー間で同期するようになっています。\\
 ライトの先端黒い部分をonUseするとライトの光が拡縮アニメーションをします。\\ ライトの先端黒い部分をonUseするとライトの光が拡縮アニメーションをします。\\
 ライトの後方白い部分をonUseするとライトの色が変化します。 ライトの後方白い部分をonUseするとライトの色が変化します。
ライン 25: ライン 25:
         vci.state.Set("​STATE",​state)         vci.state.Set("​STATE",​state)
     else     else
-        state=vci.state.Get("​STATE"​)--使った時に共通変数で同期取得+        state=vci.state.Get("​STATE"​)--使った時に同期変数で同期取得
     end     end
  
ライン 31: ライン 31:
         vci.state.Set("​COLOR_STATE",​color_state)         vci.state.Set("​COLOR_STATE",​color_state)
     else     else
-        color_state=vci.state.Get("​COLOR_STATE"​)--使用時に共通変数で同期取得+        color_state=vci.state.Get("​COLOR_STATE"​)--使用時に同期変数で同期取得
     end     end
  
ライン 96: ライン 96:
 end end
 </​file>​ </​file>​
- 
- 
  
vci/sample/material/light.txt · 最終更新: 2022/09/05 18:08 by pastatto

ページ用ツール