Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

VirtualCast

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:sample:text:texttexture

Textをテクスチャとして活用する

Textを疑似的なテクスチャとして使用し、絵を描きます。

素材データ

事前に用意する素材はりません。

コンポーネント設定

cubeは文字を見やすくするために配置しています。

テキストVCIを作成します。

[Hierarchyで右クリック] > [VCI] > [Text] から作成できるデフォルトのサイズで問題ありません。
その後、TextMeshProのコンポーネントの設定を下記のように変更します。

  • FontSize → 0.1
  • Spacing Options の Character → -8
  • Spacing Options の Paragraph → -40

VCIスクリプト1

main.lua
--毎フレーム更新する場合は64pixelが限度
local _textureSize = 64
local _Time = 0
local _useIsActive = false
 
function timeCount()
    _Time = _Time + 1
    if _Time > _textureSize then
        _Time = 0
    end
end
 
function update()
    --Timer
    timeCount()
 
    -- useを押してなければ実行
    if _useIsActive == false then
        --sinでmeterを動かす
        --meterY((math.sin(os.time()) + 1) * _textureSize * 0.5 + 0.5)
 
        --sinで円を描く
        circle((math.sin(os.time()) + 1) * _textureSize)
    end
 
end
 
function onUse()
    _useIsActive = true
    whiteNoise()
end
 
function onUnuse()
    _useIsActive = false
end
 
function circle(radius)
 
    local t = ""
    for y = 1, _textureSize do
        for x = 1, _textureSize do
 
            local p = "□"
            local x2 = x - _textureSize / 2
            local y2 = y - _textureSize / 2
            local r = radius / 2
            if x * x + y * y < r * r then
                p = "■"
            end
 
            t = t..p
        end
        t = t.."\n"
    end
    vci.assets._ALL_SetText("Text", t)
 
end
 
function meterY(value)
 
    local t = ""
    for y = 1, _textureSize do
        for x = 1, _textureSize do
 
            local p = "□"
            --描く
            if (value > y) then
                p = "■"
            end
 
            t = t..p
        end
        t = t.."\n"
    end
    vci.assets._ALL_SetText("Text", t)
 
end
 
function meterX(value)
 
    local t = ""
    for y = 1, _textureSize do
        for x = 1, _textureSize do
 
            local p = "□"
            --描く
            if (value > x) then
                p = "■"
            end
 
            t = t..p
        end
        t = t.."\n"
    end
    vci.assets._ALL_SetText("Text", t)
 
end
 
function whiteNoise()
 
    local t = ""
    for y = 1, _textureSize do
        for x = 1, _textureSize do
 
            local p = "□"
            if math.random(0,1) == 0 then
                p = "■"
            end
 
            t = t..p
        end
        t = t.."\n"
    end
    vci.assets._ALL_SetText("Text", t)
 
end

VCIスクリプト2

main.lua
local Width = 32.0
local Height = 32.0
local Time = 0
 
function timeCount()
    Time = Time + 1
    if Time > 200 then
        Time = 0
    end
end
 
function update()
    timeCount()
    circle()
end
 
function sdBox(p, b)
  local q = Vector3.__new(math.abs(p.x) - b.x, math.abs(p.y) - b.y)
  local vec = Vector3.__new(math.max(q.x,0.0), math.max(q.y,0.0), math.max(q.z,0.0))
  local c = math.min(math.max(q.x,math.max(q.y,q.z)),0.0)
  vec.x = vec.x + c
  vec.y = vec.y + c
  vec.z = vec.z + c
  return Vector3.Magnitude(vec)
end
 
function dist(pos)
    local angle = Time / 10.0
    local pos2 =  Vector3.__new(pos.x * math.cos(angle) - pos.y * math.sin(angle), pos.x * math.sin(angle) + pos.y * math.cos(angle));
    return sdBox(pos2, Vector3.__new(0.3, 0.3, 1))
end
 
function circle()
    local t = ""
 
    local x, y
 
    for y = 1, Height do
        for x = 1, Width do
 
            local p = ""
            local x2 = (x - 0.5) / Width - 0.5 
            local y2 = (y - 0.5) / Height - 0.5
            local color = 0.0
 
            --グラデーション
            color = dist(Vector3.__new(x2, y2)) * 20.0
            if color < 0.1 then
                p = "_"
            elseif color < 0.2 then
                p = "~"
            elseif color < 0.3 then
                p = "="
            elseif color < 0.4 then
                p = "し"
            elseif color < 0.5 then
                p = "つ"
            elseif color < 0.6 then
                p = "に"
            elseif color < 0.7 then
                p = "け"
            elseif color < 0.8 then
                p = "ぬ"
            elseif color < 0.9 then
                p = "和"
            else
                p = "親"
            end
 
            t = t..p
        end
        t = t.."\n"
    end
    vci.assets._ALL_SetText("Text", t)
end

VCIスクリプト(解説)

_textureSizeで縦横の大きさを決めます。Sampleでは64文字(64pixel)です。

for文を横方向に64回ループした後、改行をして次のループを行います。
これを縦方向に64回ループすると64×64の絵を描く事ができます。
左上から順に書き込まれるので左上が原点となります。
書き込まない場合は□、書き込む時は■とする事で、任意の図形になります。

漢字や記号などの2byte文字は横のサイズが同じ文字が多いので2byte文字で揃えれば正方形になります。
サンプル2は2byte文字を使用して10諧調のグラデーションを作成しています。

複数のテキストオブジェクトを重ねたりすれば3次元の表現ができたり
SubitemのPositionを引数にした表現を行ったりしても面白いかもしれません。

グラフを作成する

テキストを疑似的にテクスチャとして扱ってるので、
書き込み時に上から順に改行する事になってしまい原点が左上になってしまいます。
そのままでは扱いづらいので原点を左下にしたいのですが、
スクリプトで変換等しなくとも単純にテキストのオブジェクトを上下反転させれば解決できます。
上下反転した状態で改行すると上の行に移動するので、左下から詰めてく事ができます。

グラフのサンプル


main.lua
local _textureSize = 64
 
function update()
    drawGraph()
end
 
function drawGraph()
 
    local t = ""
    for y = 1, _textureSize do
        for x = 1, _textureSize do
 
            local p = "□"
            -- 正中線
            if (x == _textureSize * 0.5) or (y == _textureSize * 0.5) then
                p = "■"
            end
            -- y = x のグラフ
            --[[
            if x == y then
                p = "■"
            end 
            ]]          
            -- y = 2x のグラフ
            if 2 * x == y + _textureSize * 0.5 then
                p = "■"
            end
            t = t..p
        end
        t = t.."\n"
    end
    vci.assets._ALL_SetText("Text", t)
 
end
vci/sample/text/texttexture.txt · 最終更新: 2021/06/24 18:01 by t-daihisa

ページ用ツール