Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

VirtualCast

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:sample:text:tutorial

Textを使って時間を表示する

VCI Textを使用して時計を作成します。
環境VCIにする事で、スタジオ内に時計をセットする事もできます。

素材データ

今回のサンプルではUnityのCubeを使用します。
デジタル時計の3Dデータを用意すれば、実際に機能するデジタル時計が作れます。

コンポーネント設定

TimerText

インスペクターでメニューを開き [VCI]>[Text]でオブジェクトを作成します。
オブジェクト名をTimerTextにリネームし、文字の大きさやRectTransformを調整します。
プロパティーの詳細は VCI Text を確認してください。

TimerBoard

インスペクターでメニューを開き [3D Object]>[Cube]でCubeを作成します。
時計の土台になるので、大きさを調整します。
Materialを作成し、任意の色に設定してTimerBoardに割り当てます。

TimerItem

VCI SubItem Rigidbody BoxCollderを割り当てます。
BoxCollderはIsTriggerを有効、RigidbodyはUseGravityを無効、IsKinematicを有効
VCI Sub ItemのGrabbableを有効にします。

VCIスクリプト

main.lua
-- trueなら時分 falseなら月日 を表示
local _displayMode = true
 
function updateAll()
 
    -- 時分の表示
    if _displayMode == true then
        local time = os.date(("%H:%M"))
        -- TimerText のオブジェクトに TextMeshPro がアタッチされてます
        vci.assets.SetText("TimerText", tostring(time))
    end
 
    -- 月日の表示
    if _displayMode == false then
        local time = os.date(("%m/%d"))
        -- TimerText のオブジェクトに TextMeshPro がアタッチされてます
        vci.assets.SetText("TimerText", tostring(time))
    end
 
end
 
function onUse(use)
    if use == "TimerItem" then
        _displayMode = not(_displayMode)
    end
end

VCIスクリプト(解説)

  • Useすると時間表示と、月日表示を切り替える事ができます。
  • os.date()の引数にフォーマットを指定する事で、任意のデータを得る事ができます。
    os.date(“%Y %m %d %H %M %S”)で年月日,時分秒 が取得できます。
vci/sample/text/tutorial.txt · 最終更新: 2021/06/24 18:00 by t-daihisa

ページ用ツール