vci:script:reference:callbacks

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
vci:script:reference:callbacks [2019/05/28 15:16]
oinari ↷ モデル作成:vci作成:callbacks から vci:script:reference:callbacks へページを移動しました。
vci:script:reference:callbacks [2022/05/20 15:14]
103.115.217.53 ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
ライン 1: ライン 1:
- +====== ​callbacks (リファレス(自動出力)) ​====== 
-====== ​イベト関数の一覧 ​====== +callbacks (リファレンス(自動出力))
----- +
  
 ===== update ===== ===== update =====
ライン 12: ライン 10:
 </​code>​ </​code>​
 === 引数 === === 引数 ===
-----+
  
 ===== onUse ===== ===== onUse =====
-[SubItemの所有権]アイテムをグラッブしてグリップボタン押すと呼ばれる。+[SubItemの所有権][[virtualcast:​guide:​item_operation#​アイテムの使用| ​アイテムを掴んでアイテム使う]]と呼ばれる。
  
 <code lua> <code lua>
ライン 24: ライン 22:
 == use(string) == == use(string) ==
 押されたアイテムのSubItem名 押されたアイテムのSubItem名
-----+
  
 ===== onTriggerEnter ===== ===== onTriggerEnter =====
ライン 38: ライン 36:
 == hit(string) == == hit(string) ==
 Collider名 Collider名
-----+
  
 ===== onTriggerExit ===== ===== onTriggerExit =====
ライン 52: ライン 50:
 == hit(string) == == hit(string) ==
 Collider名 Collider名
-----+
  
 ===== onCollisionEnter ===== ===== onCollisionEnter =====
ライン 66: ライン 64:
 == hit(string) == == hit(string) ==
 Collider名 Collider名
----- 
  
 ===== onCollisionExit ===== ===== onCollisionExit =====
ライン 80: ライン 77:
 == hit(string) == == hit(string) ==
 Collider名 Collider名
----- 
  
 ===== onGrab ===== ===== onGrab =====
ライン 92: ライン 88:
 == target(string) == == target(string) ==
 GrabされたSubItem名 GrabされたSubItem名
----- 
  
 ===== onUngrab ===== ===== onUngrab =====
ライン 104: ライン 99:
 == target(string) == == target(string) ==
 UngrabされたSubItem名 UngrabされたSubItem名
----- 
  
  
vci/script/reference/callbacks.txt · 最終更新: 2022/08/19 18:52 by pastatto

ページ用ツール