vci:script:reference:eventfunction

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:script:reference:eventfunction [2021/06/24 17:35]
t-daihisa
vci:script:reference:eventfunction [2022/07/24 21:01] (現在)
Ramen [onUse]
ライン 13: ライン 13:
 | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​update | update()]] | **VCIを出したユーザーのクライアントのみ**で毎フレーム実行されます | | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​update | update()]] | **VCIを出したユーザーのクライアントのみ**で毎フレーム実行されます |
 | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​updateall | updateAll()]] | 所有権に関係なく全ユーザーで実行されるupdate()です | | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​updateall | updateAll()]] | 所有権に関係なく全ユーザーで実行されるupdate()です |
-| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​onuse | onUse(use)]] | VCIを持っている状態でコントローラーグリップした場合に実行されます。 | +| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​onuse | onUse(use)]] | VCIを持っている状態でVCI使った場合に実行されます。 | 
-| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​onunuse | onUnuse(use)]] | VCIを持っている状態でコントローラーグリップして離した場合に実行されます。 |+| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​onunuse | onUnuse(use)]] | VCIを持っている状態でVCI使っうのをやめた場合に実行されます。 |
 | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​ontriggerenter | onTriggerEnter(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]が接触した時に実行されます。\\ ([[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]のIsTriggerにチェックされていれば有効) | | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​ontriggerenter | onTriggerEnter(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]が接触した時に実行されます。\\ ([[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]のIsTriggerにチェックされていれば有効) |
 | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​ontriggerexit | onTriggerExit(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]が接触した状態から離れた時に実行されます。\\ ([[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]のIsTriggerにチェックされていれば有効) | | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​ontriggerexit | onTriggerExit(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]が接触した状態から離れた時に実行されます。\\ ([[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]]のIsTriggerにチェックされていれば有効) |
 | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​oncollisionenter | onCollisionEnter(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]](+[[vci:​component:​unitycomponent:​rigidbody|Rigidbody]])が接触した時に実行されます。 | | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​oncollisionenter | onCollisionEnter(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]](+[[vci:​component:​unitycomponent:​rigidbody|Rigidbody]])が接触した時に実行されます。 |
 | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​oncollisionexit | onCollisionExit(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]](+[[vci:​component:​unitycomponent:​rigidbody|Rigidbody]])が接触した状態から離れた時に実行されます。 | | [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​oncollisionexit | onCollisionExit(item,​ hit)]] | VCIと[[vci:​component:​unitycomponent:​collider| Collider]](+[[vci:​component:​unitycomponent:​rigidbody|Rigidbody]])が接触した状態から離れた時に実行されます。 |
-| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​ongrab | onGrab(target)]] | VCIを掴んだ時(トリガーボタンを押す)に実行されます。 | +| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​ongrab | onGrab(target)]] | VCIを掴んだ時に実行されます。 | 
-| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​onungrab | onUngrab(target)]] | VCIを離した時(トリガーボタンを離す)に実行されます。 |+| [[vci/​script/​reference/​eventfunction#​onungrab | onUngrab(target)]] | VCIを離した時に実行されます。 |
  
 ==== イベント関数の引数について ==== ==== イベント関数の引数について ====
  
 各イベント関数の引数には **Subitemのgameobject名** が **String型** で渡されます。\\ 各イベント関数の引数には **Subitemのgameobject名** が **String型** で渡されます。\\
-引数を使って ''​SubItem = vci.assets.GetSubItem(target)''​ 等を使う事により、掴んだり触ったりしたSubitemに対して、処理を行う事ができます。+引数を使って ''​SubItem = vci.assets.GetTransform(target)''​ 等を使う事により、掴んだり触ったりしたSubitemに対して、処理を行う事ができます。
  
 ===== Start関数が無い ===== ===== Start関数が無い =====
ライン 72: ライン 72:
 ===== onUse ===== ===== onUse =====
  
-VCIを持っている状態でコントローラーグリップした場合に実行されます。\\+[[vci:​script:​reference:​eventfunction:​ownership:#​SubItemの所有権とイベント関数の関係|SubItemの所有権を持っている状態]]SubItem使った場合に実行されます。\\
 下記サンプルはUseされたSubItemの名前がConsoleに表示されます。 下記サンプルはUseされたSubItemの名前がConsoleに表示されます。
  
ライン 80: ライン 80:
 function onUse(use) function onUse(use)
      ​print("​onUse : "​..use)      ​print("​onUse : "​..use)
-     ​print("​SubItemの "​..use.."​ がグリップ状態になりました。"​)+     ​print("​SubItemの "​..use.."​ が使っている状態になりました。"​)
 end end
 </​file>​ </​file>​
ライン 86: ライン 86:
 ===== onUnuse ===== ===== onUnuse =====
  
-VCIを持っている状態でコントローラーグリップして離した場合に実行されます。\\+VCIを持っている状態でVCI使うのをやめた場合に実行されます。\\
 下記サンプルはUseされたSubItemの名前がConsoleに表示されます。 下記サンプルはUseされたSubItemの名前がConsoleに表示されます。
  
ライン 94: ライン 94:
 function onUnuse(use) function onUnuse(use)
      ​print("​Unuse : "​..use)      ​print("​Unuse : "​..use)
-     ​print("​SubItemの "​..use.."​ がグリップ状態から離れました。"​)+     ​print("​SubItemの "​..use.."​ が使っている状態から離れました。"​)
 end end
 </​file>​ </​file>​
ライン 168: ライン 168:
 function onGrab(target) function onGrab(target)
     print("​onGrab : "​..target)     print("​onGrab : "​..target)
-    local item = vci.assets.GetSubItem(target)+    local item = vci.assets.GetTransform(target)
     print(item.GetPosition())     print(item.GetPosition())
 end end
ライン 184: ライン 184:
 function onUngrab(target) function onUngrab(target)
     print("​onUngrab : "​..target)     print("​onUngrab : "​..target)
-    local item = vci.assets.GetSubItem(target)+    local item = vci.assets.GetTransform(target)
     item.SetLocalPosition(Vector3.zero)     item.SetLocalPosition(Vector3.zero)
     item.SetVelocity(Vector3.zero)     item.SetVelocity(Vector3.zero)
vci/script/reference/eventfunction.1624523716.txt.gz · 最終更新: 2021/06/24 17:35 by t-daihisa

ページ用ツール