vci:script:reference:exporttransform

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
次のリビジョン 両方とも次のリビジョン
vci:script:reference:exporttransform [2021/11/17 20:13]
numa
vci:script:reference:exporttransform [2022/02/16 18:27]
notargs [AddForce(force: Vec3, forceMode: ForceMode)]
ライン 38: ライン 38:
 | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetVelocity() | SetVelocity fun(velocity:​ Vec3)]] | Subitemに加わっている力をVec3で指定した値に変更します | | | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetVelocity() | SetVelocity fun(velocity:​ Vec3)]] | Subitemに加わっている力をVec3で指定した値に変更します | |
 | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetAngularVelocity() | SetAngularVelocity fun(angularVelocity:​ Vec3)]] | Subitemに加わってる回転をVec3で押した方向に変更します | | | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetAngularVelocity() | SetAngularVelocity fun(angularVelocity:​ Vec3)]] | Subitemに加わってる回転をVec3で押した方向に変更します | |
-| [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​AddForce() | AddForce fun(force: Vec3)]] | Vec3で指定した値の力をSubitemに与えます | |+| [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​addforce_forcevec3 | AddForce ​fun(force: Vec3)]] | Vec3で指定した値の力をSubitemに与えます | | 
 +| [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​addforce_forcevec3_forcemodeforcemode) | AddForce fun(force: Vec3, forceMode: ExportForceMode)]] | 指定したForceModeを利用し、Vec3で指定した値の力をSubitemに与えます | 2.2.1a以降 ​|
 | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetActive() / ActiveSelf / ActiveInHierarchy | SetActive fun(isActive:​ bool)]] | Transform 自身の有効無効設定を設定します(非同期) | v2.0.1a以降 | | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetActive() / ActiveSelf / ActiveInHierarchy | SetActive fun(isActive:​ bool)]] | Transform 自身の有効無効設定を設定します(非同期) | v2.0.1a以降 |
 | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetActive() / ActiveSelf / ActiveInHierarchy | _ALL_SetActive fun(isActive:​ bool)]] | Transform 自身の有効無効設定を設定します(全員へ同期) | v2.0.1a以降 | | [[vci/​script/​reference/​exporttransform#​SetActive() / ActiveSelf / ActiveInHierarchy | _ALL_SetActive fun(isActive:​ bool)]] | Transform 自身の有効無効設定を設定します(全員へ同期) | v2.0.1a以降 |
ライン 64: ライン 65:
   * transformはバーチャルキャストの機能によって同期します。\\   * transformはバーチャルキャストの機能によって同期します。\\
   * ''​_ALL_''​ のついたメソッドは同期して実行されます。\\   * ''​_ALL_''​ のついたメソッドは同期して実行されます。\\
-  * グローバル同期変数を使用してVCIの状態を同期させます。\\+  * [[vci/​script/​reference/​syncvariable|同期変数]]を使用してVCIの状態を同期させます。\\
  
 つまり、transformの同期については、強く意識せずともVCIを出したクライアントで動かした結果が、バーチャルキャストの機能を通じて他のクライアントにも適用されます。\\ つまり、transformの同期については、強く意識せずともVCIを出したクライアントで動かした結果が、バーチャルキャストの機能を通じて他のクライアントにも適用されます。\\
ライン 397: ライン 398:
 </​file>​ </​file>​
  
-===== AddForce() =====+===== AddForce(force: Vec3) =====
  
 **引数:vector3**\\ **引数:vector3**\\
-Vector3の方向に向かって力わります。\\+Vector3の方向に向かって力ます。\\
 \\ \\
 下記サンプルは掴んだ時に subitem の名前のオブジェクトがZ方向に移動します。\\ 下記サンプルは掴んだ時に subitem の名前のオブジェクトがZ方向に移動します。\\
-AddForceなので、加速度があるような感じで少づつ力が加わります。\\+力を加えているため少しずつ加速していくような挙動をします。\\
  
 サンプル\\ サンプル\\
ライン 414: ライン 415:
 end end
 </​file>​ </​file>​
 +===== AddForce(force:​ Vec3, forceMode: ForceMode) =====
  
 +<WRAP center round important 60%>
 +ベータ版の機能です
 +</​WRAP>​
 +
 +VCバージョン:​ 2.2.1a以降\\
 +
 +[[vci/​script/​reference/​forcemode#​vciforcemode_exportforcemode | ForceMode]]で指定したアルゴリズムを利用し、Vector3の方向に向かって力を加えます。\\
 +[[vci/​script/​reference/​exporttransform#​addforce_forcevec3|AddForce(force:​ Vec3)]]と違い、実行端末のフレームレートの差による挙動差が最小限となるように実装されています。
 +
 +**forceMode.Forceを利用したサンプル** ​
 +
 +<file lua main.lua>​
 +item = vci.assets.GetSubItem("​subitem"​)
 +function onGrab()
 +    item.AddForce(Vector3.__new(0,​ 0, 10), vci.forceMode.Force)
 +end
 +</​file>​
 +
 +**forceMode.Impulseを利用したサンプル**
 +
 +<file lua main.lua>​
 +item = vci.assets.GetSubItem("​subitem"​)
 +function onGrab()
 +    item.AddForce(Vector3.__new(0,​ 0, 10), vci.forceMode.Impulse)
 +end
 +</​file>​
 ===== 装着アイテム操作 ===== ===== 装着アイテム操作 =====
 VCバージョン:​ 1.9.2a以降 VCバージョン:​ 1.9.2a以降
vci/script/reference/exporttransform.txt · 最終更新: 2022/09/01 18:27 by pastatto

ページ用ツール