vci:script:reference:exportvci

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:script:reference:exportvci [2020/04/16 15:07]
fumo [コルーチンを開始する]
vci:script:reference:exportvci [2022/02/16 17:39]
notargs [メンバ変数・関数一覧]
ライン 2: ライン 2:
  
 VCIの各種情報・機能にアクセスできます。\\ VCIの各種情報・機能にアクセスできます。\\
- 
----- 
  
 ===== メンバ変数・関数一覧 ===== ===== メンバ変数・関数一覧 =====
ライン 18: ライン 16:
 ---@field state ExportState ---@field state ExportState
 ---@field message ExportMessage ---@field message ExportMessage
 +---@field forceMode ExportForceMode
 ---@field ResetRootTransform fun() ---@field ResetRootTransform fun()
 ---@field _ALL_ResetRootTransform fun() ---@field _ALL_ResetRootTransform fun()
ライン 23: ライン 22:
  
 ^ メソッド ^ 説明 ^ VCバージョン ^ ^ メソッド ^ 説明 ^ VCバージョン ^
-| StartCoroutine fun(coroutine:​ usertype) | コルーチンを開始します | 1.9.2a以降 |+| [[vci/​script/​reference/​exportvci#​コルーチンを開始する ​| StartCoroutine fun(coroutine:​ usertype)]] | コルーチンを開始します | 1.9.2a以降 |
 | [[vci:​script:​reference:​exportstudio | studio ]] | | | | [[vci:​script:​reference:​exportstudio | studio ]] | | |
 | [[vci:​script:​reference:​exportme | me]] | | | | [[vci:​script:​reference:​exportme | me]] | | |
ライン 29: ライン 28:
 | [[vci:​script:​reference:​exportstate | state]] | | | | [[vci:​script:​reference:​exportstate | state]] | | |
 | [[vci:​script:​reference:​message | message]] | | | | [[vci:​script:​reference:​message | message]] | | |
-| ResetRootTransform fun() | VCIのTransformをリセットします | 1.9.2a以降 | +| [[vci:​script:​reference:​forceMode | forceMode]] | | 2.2.1a以降 | 
-| _ALL_ResetRootTransform fun() | VCIのTransformをリセットします | 1.9.2a以降 | +| [[vci/​script/​reference/​exportvci#​VCIのTransformをリセットする ​| ResetRootTransform fun()]] | VCIのTransformをリセットします | 1.9.2a以降 | 
- +| [[vci/​script/​reference/​exportvci#​VCIのTransformをリセットする ​| _ALL_ResetRootTransform fun()]] | VCIのTransformをリセットします | 1.9.2a以降 |
-----+
  
 ===== コルーチンを開始する ===== ===== コルーチンを開始する =====
 VCバージョン:​ 1.9.2a以降 VCバージョン:​ 1.9.2a以降
  
-luaの[[http://​www.lua.org/​manual/​5.2/​manual.html#​2.6|コルーチン]]機能を用いて、Unityの[[https://​docs.unity3d.com/​ja/​2018.4/​Manual/​Coroutines.html|コルーチン]]のような記述ができます。+Luaの[[http://​www.lua.org/​manual/​5.2/​manual.html#​2.6|コルーチン]]機能を用いて、Unityの[[https://​docs.unity3d.com/​ja/​2018.4/​Manual/​Coroutines.html|コルーチン]]のような記述ができます。
  
 サンプル サンプル
ライン 79: ライン 77:
  
 <file lua main.lua>​ <file lua main.lua>​
-local cube = vci.assets.GetSubItem("​Cube"​)+local cube = vci.assets.GetTransform("​Cube"​)
  
 vci.StartCoroutine( vci.StartCoroutine(
ライン 133: ライン 131:
 end end
 </​file>​ </​file>​
- 
----- 
  
 ===== VCIのTransformをリセットする ===== ===== VCIのTransformをリセットする =====
vci/script/reference/exportvci.txt · 最終更新: 2022/02/16 17:39 by notargs

ページ用ツール