Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メインメニュー

初心者向けガイド

VirtualCast

遊ぶ世界

THE SEED ONLINE

ニコニコ

SHOWROOM

配信

配信ツール

その他

wikiについて

デベロッパー向け


開発環境

VRM(アバター)

VCI(アイテム/背景)

VCI更新情報

更新日 - UniVCI バージョン
2021/03/17 v0.32
2.0.3b
2021/01/14 v0.31
2.0.1a
2020/12/03 v0.30
2.0.0b
2020/11/12 v0.30
2.0.0a
2020/10/22 v0.29
1.9.5b
2020/07/30 v0.29
1.9.3e
2020/06/25 v0.28
1.9.3c
2020/05/21 v0.27
1.9.2e

以前のアップデート履歴


GLB(背景)

vci:script:reference:quaternion

Quaternion

QuaternionはX,Y,Z,Wの4つの値を持ったクラスです。
回転を表現するクラスですが、値を直接指定してQuaternionを直接変化させる事はありません。
基本的に、変化させたい場合は下記にあげるメソッドを使用して変化させます。

メソッド一覧

メソッド一覧は[EmbeddedScriptWorkspace]フォルダ内の[types.lua]を開くと最新のメソッド一覧を確認できます。
表記の省略の為、Vector3型Vec3number型num と表記してあります。
引数は () の中に、戻り値の型は :(セミコロン) の後に表記してあります。


メソッド名 説明
_new fun(x: num, y: num, z: num, w: num): Quaternion 初期化
FromToRotation fun(fromDirection: Vec3, toDirection: Vec3): Quaternion fromDirectionの方向から、toDirectionの方向へ回転します。
Inverse fun(rotation: Quaternion): Quaternion rotationと逆のQuaternionを作成します。
Slerp fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion a と b の間を t で球面補間します。t は[0, 1]の範囲です。
SlerpUnclamped fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion Slerpと同じですが、t の値を[0, 1]に制限しません。バネ等に使います。
Lerp fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion a と b の間を t で線形補間します。t は[0, 1]の範囲です。
LerpUnclamped fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion Lerpと同じですが、t の値を[0, 1]に制限しません。バネ等に使います。
AngleAxis fun(angle: num, axis: Vec3): Quaternion axisのベクトルを軸にして、angle度回転する回転を作成
LookRotation fun(forward: Vec3, upwards: Vec3): Quaternion 前方向のforwardと、上方向のupwardsに対応する方向に向きます。
Dot fun(a: Quaternion, b: Quaternion): num 2の回転 a と b の内積を返します。
Angle fun(a: Quaternion, b: Quaternion): num 2つの回転 a と b の角度を返します。
Euler fun(x: num, y: num, z: num): Quaternion オイラー角で指定してQuaternionを作成します。
ToAngleAxis fun(angle: usertype, axis: usertype) ※現在使用することが出来ません。回転を座標に対する角度の値 (AngleAxis) に変換します。
RotateTowards fun(from: Quaternion, to: Quaternion, maxDegreesDelta: num): Quaternion 2つのQuaternion間の最大となる回転を補間します。
Normalize fun(q: Quaternion): Quaternion qのノルムを1にし、単位Quaternionを返します。引数なしで四元数quatのメソッドとして使った場合(例:quat.Normalize())、オブジェクト側(quat)の値の変更がなされます。
GetHashCode fun(): num 使用しません。
ToString fun(): string 文字列に変換します
ToEuler fun(): Vec3 ToEuler()は非推奨です。オイラー角に変換する場合は'eulerAngles'が推奨されます。単位はラジアンで返します。
ToEulerAngles fun(): Vec3 ToEuler()と同じくToEulerAngles()は非推奨です。オイラー角に変換する場合は'eulerAngles'が推奨されます。単位はToEuler()と同じくラジアンで返します。
identity Quaternion (0.0, 0.0, 0.0, 1.0)の基準となるQuaternionを作成します。
eulerAngles Vec3 回転をオイラー角の値で返します。
normalized Quaternion 単位Quaternionを返します。値の変更はされません。
x num 基本的に直接Quaternionを変更しません
y num 基本的に直接Quaternionを変更しません
z num 基本的に直接Quaternionを変更しません
w num 基本的に直接Quaternionを変更しません
kEpsilon num

初期化について

サンプル

main.lua
rotate = Quaternion.identity
print(rotate)

実行結果

(0.0, 0.0, 0.0, 1.0)

基本的にQuaternion.identityでQuaternionを初期化します。
__new()でも宣言可能ですが、Quaternionを直接扱う事は少ないです。
また、上記のサンプルではrotate.x = 1とする事で、各要素に対して直接アクセス可能ですが、Quaternionを操作する際は用意されたメソッドを使い操作する事を推奨します。

サンプル

main.lua
--SunItemのゲームオブジェクト名とGetTransform("")の("")の中を一致させる必要があります。
Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
function onUngrab()
    local rotate = Quaternion.identity
    local velocity = Vector3.zero
    Subitem.SetLocalRotation(rotate)
    Subitem.SetVelocity(velocity)
end

実行結果

(VCIを掴んだ状態から離すと、回転(Rotation)が初期状態(x = 0, y = 0, z = 0)になります。)

SetLocalRotation()を使う事で、作成したQuaternionの姿勢にする事ができます。
その際は、姿勢を変更した後にSetVelocity()を0にする事で、rigidbodyによる姿勢の更新を防ぎます。

FromToRotation()

FromToRotation fun(fromDirection: Vec3, toDirection: Vec3): Quaternion

サンプル

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    local Vec1 = Subitem.GetUp();
    local Vec2 = Subitem2.GetPosition() - Subitem.GetPosition();
    local Rot1 = Subitem.GetRotation();
    local Rot2 = Quaternion.FromToRotation(Vec1, Vec2);
    local Rot3 = Rot2*Rot1;
 
    Subitem.SetRotation(Rot3);
end

実行結果

Subitemの上面(up)が常にSubitem2の方向を向きます。
ただし、LookRotationを使った方が安定します。

説明
Quaternion.FromToRotationは、2つのベクトルの差分をQuaternionで返します。

Inverse()

Inverse fun(rotation: Quaternion): Quaternion

サンプル

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    Subitem.SetRotation(Quaternion.Inverse(Subitem2.GetRotation()));
end

実行結果

Subitemが常にSubitem2と逆に回転します。

説明
Quaternion.Inverseは、逆のQuaternionを作成します。

Slerp()

Slerp fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion

サンプル1

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    -- time [0,1]
    local time = 0.5 * math.sin(os.time()) + 0.5
    local rotate = Quaternion.identity
    Subitem.SetRotation(Quaternion.Slerp(rotate, Subitem2.GetRotation(), time));
end

実行結果

Subitemが(0,0,0,1)からSubitem2の角度へ球面補間を行って往復回転します。

サンプル2

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    Subitem.SetRotation(Quaternion.Slerp(Subitem.GetRotation(), Subitem2.GetRotation(), 0.01));
end

実行結果

SubitemがSubitem2の角度へゆっくり回転します。

説明
Quaternion.Slerpは、第一引数 と 第二引数 の間を 第三引数の値 で球面補間します。第三引数の値 は[0, 1]の範囲です。

SlerpUnclamped()

SlerpUnclamped fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion

サンプル

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    -- time [0,2]
    local time = math.sin(os.time()) + 1
    local rotate = Quaternion.identity
    Subitem.SetRotation(Quaternion.SlerpUnclamped(rotate, Subitem2.GetRotation(), time));
end

実行結果

Subitemが(0,0,0,1)からSubitem2の角度を通り越して球面補間を行って往復回転します。

説明
Slerpと同じですが、第三引数 の値を[0, 1]に制限しません。

Lerp()

Lerp fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion

サンプル

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    -- time [0,1]
    local time = 0.5 * math.sin(os.time()) + 0.5
    local rotate = Quaternion.identity
    Subitem.SetRotation(Quaternion.Lerp(rotate, Subitem2.GetRotation(), time));
end

実行結果

Subitemが(0,0,0,1)からSubitem2の角度へ線形補間を行って往復回転します。

説明
Quaternion.Lerpは、第一引数 と 第二引数 の間を 第三引数の値 で線形補間します。第三引数の値 は[0, 1]の範囲です。

サンプル2

main.lua
--SunItemのゲームオブジェクト名とGetTransform("")の("")の中を一致させる必要があります。
Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
base = Quaternion.identity
target = Quaternion.Euler(0, 90, 0)
function update()
    local time = math.abs(math.sin((vci.me.FrameCount / 60)))
    local lerp = Quaternion.Lerp(base, target, time)
    Subitem.SetRotation(lerp)
end

実行結果

(Subitemがゆっくりと振幅するように90度回転します。)

説明
基準となるQuaternionと、ターゲットになるQuaternionの中間を補間するQuaternionを作成します。
0-1の値で指定すると指定した値の%に応じたQuaternionが返ってきます。
ゆっくりと値を変化させることで、特定の姿勢から特定の姿勢にゆっくりと変化します。

LerpUnclamped()

LerpUnclamped fun(a: Quaternion, b: Quaternion, t: num): Quaternion

サンプル

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    -- time [0,2]
    local time = math.sin(os.time()) + 1
    local rotate = Quaternion.identity
    Subitem.SetRotation(Quaternion.LerpUnclamped(rotate, Subitem2.GetRotation(), time));
end

実行結果

Subitemが(0,0,0,1)からSubitem2の角度を通り越して線形補間を行って往復回転します。

説明
Lerpと同じですが、第三引数 の値を[0, 1]に制限しません。

AngleAxis()

AngleAxis fun(angle: number, axis: Vector3): Quaternion

サンプル

main.lua
--SunItemのゲームオブジェクト名とGetTransform("")の("")の中を一致させる必要があります。
local _subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local _angle = 0
function onUse()
    _angle = _angle + 10
    if _angle > 360 then
        _angle = 0
    end
    print("angle : ".._angle)
 
    local axis = Vector3.up
    local rotate = Quaternion.AngleAxis(_angle, axis)
    Subitem.SetRotation(rotate)
end

実行結果

(VCIをUseすると10度づつ回転します)

Vector3で方向を指定してその方向を回転の軸とし、angleの値だけ回転させます。
サンプルではaxis = Vector3.upで下から上に向かった軸を作成して回転させています。
angleは0~360の値で指定します。

LookRotation()

LookRotation fun(forward: Vector3, upwards: Vector3): Quaternion

サンプル1

main.lua
function onUngrab(target)
    local forward = vci.assets.GetTransform(target).GetForward()
    local up = vci.assets.GetTransform(target).GetUp()
    local rotate = Quaternion.LookRotation(forward, up)
    print(rotate)
    print(vci.assets.GetTransform(target).GetRotation())
end

実行結果

(0.0, -0.3, -0.1, 1.0)
(0.0, -0.3, -0.1, 1.0)
(0.0, 0.9, 0.0, 0.4)
(0.0, 0.9, 0.0, 0.4)

説明
upのベクトルと、forwardのベクトルを使用して、Quaternionを作成します。
サンプルではrotatevci.assets.GetTransform(target).GetRotation()は同じ値をとります。

サンプル2

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    local Vec = Subitem2.GetPosition() - Subitem.GetPosition();
    Subitem.SetRotation(Quaternion.LookRotation(Vec));
end

実行結果

Subitemが常にSubitem2の方を向きます。

Dot()

Dot fun(a: Quaternion, b: Quaternion): number

サンプル

main.lua
function onUngrab(target)
    local rotate = vci.assets.GetTransform(target).GetRotation()
    local base = Quaternion.identity
    print(Quaternion.Dot(rotate, base))
end

実行結果

0.886427819728851
-0.289039075374603
(VCIを手から離した時に、掴んだアイテムとbaseとの内積をとります)

2つのQuaternionを比較して、その内積をとります。
戻り値は-1~1の間になります。

Angle()

Angle fun(a: Quaternion, b: Quaternion): number

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local base = Quaternion.Euler(0, 10, 0)
    local target = Quaternion.Euler(0, 135, 0)
    print(Quaternion.Angle(base, target));
end

実行結果

(125)

説明
第一引数 と 第二引数 の角度を返します。

Euler()

Euler fun(x: number, y: number, z: number): Quaternion

サンプル

main.lua
---SunItemのゲームオブジェクト名とGetTransform("")の("")の中を一致させる必要があります。
Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
function onUngrab()
    local rotate = Quaternion.Euler(30, 45, 60)
    local velocity = Vector3.zero
    Subitem.SetLocalRotation(rotate)
    Subitem.SetVelocity(velocity)
end

実行結果

(VCIを掴んだ状態から離すと、回転(Rotation)(x = 30, y = 45, z = 60)になります。)

回転をオイラー角(0°~360°)の値で指定し、Quaternionを作成します。
要素の指定は前から X → Y → Z の順に行います。

ToAngleAxis()

ToAngleAxis fun(angle: usertype, axis: usertype)

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local rotate = Quaternion.AngleAxis(30.0, Vector3.up)
    local angle = 0
    local axis = Vector3.zero
    print(rotate)
    rotate.ToAngleAxis(angle, axis)
    print(angle)
    print(axis)
end

実行結果

現在ToAngleAxisを使用することができません。

RotateTowards()

RotateTowards fun(from: Quaternion, to: Quaternion, maxDegreesDelta: num): Quaternion

サンプル

main.lua
local Subitem = vci.assets.GetTransform("Subitem")
local Subitem2 = vci.assets.GetTransform("Subitem2")
 
function updateAll()
    local move = Quaternion.RotateTowards(Subitem.GetRotation(), Subitem2.GetRotation(), 0.25,0)
    Subitem.SetRotation(move)
end

実行結果

Subitemの回転がSubitem2の角度と同じになるように毎フレーム0.25度ずつ回転します

説明
2つのQuaternion間の最大となる回転を補間します。

Normalize()

Normalize fun(q: Quaternion): Quaternion

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local zero = Quaternion.identity
    local rotate = Quaternion.Euler(0, 280, 180)
    rotate.x = 2
    print(rotate)
    print(Quaternion.Normalize(rotate))
end

実行結果

(2.0, 0.0, -0.8, 0.0)
(0.9, 0.0, -0.4, 0.0)

説明
qのノルムを1にし、単位Quaternionを返します。引数なしで四元数quatのメソッドとして使った場合(例:quat.Normalize())、オブジェクト側(quat)の値の変更がなされます。

ToString()

ToString fun(): string

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local rotate = Quaternion.identity
    print(rotate.ToString())
end

実行結果

"(0.0, 0.0, 0.0, 1.0)"

説明
文字列に変換します。

ToEuler()

ToEuler fun(): Vec3

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local rotate = Quaternion.Euler(60, 270, 30)
    print(rotate)
    print(rotate.ToEuler()*180/3.14159265359)
end

実行結果

(60, -90, 30)

説明
ToEuler()は非推奨です。オイラー角に変換する場合は'eulerAngles'が推奨されます。
-πrad ~ πradの範囲で値を返します。

ToEulerAngles()

ToEulerAngles fun(): Vec3

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local rotate = Quaternion.Euler(60, 270, 30)
    print(rotate)
    print(rotate.ToEulerAngles()*180/3.14159265359)
end

実行結果

(60, -90, 30)

説明
ToEulerAngles()は非推奨です。オイラー角に変換する場合は'eulerAngles'が推奨されます。
-πrad ~ πradの範囲で値を返します。

identity

identity Quaternion
サンプル

main.lua
rotate = Quaternion.identity
print(rotate)

実行結果

(0.0, 0.0, 0.0, 1.0)

基本的にQuaternion.identityでQuaternionを初期化します。

eulerAngles

eulerAngles Vector3

サンプル

main.lua
euler = Quaternion.Euler(30, 45, 60)
print(euler)
print(euler.eulerAngles)
print(euler.eulerAngles.x)
print(euler.eulerAngles.y)
print(euler.eulerAngles.z)

実行結果

(0.4, 0.2, 0.4, 0.8)
(30.0, 45.0, 60.0)
30.0000019073486
45
60.0000038146973

Quaternionの値をオイラー角の値で返します。
eulerAngles.の後にアクセスしたい要素を指定する事で個別にアクセスする事も可能です。

normalized

normalized Quaternion

サンプル

main.lua
function onUse(use)
    local rotate = Quaternion.Euler(0,280, 180)
    rotate.x = 2
    print(rotate)
    print(rotate.normalized)
end

実行結果

(2.0, 0.0, -0.8, 0.0)
(0.9, 0.0, -0.4, 0.0)

説明
単位Quaternionを返します。

vci/script/reference/quaternion.txt · 最終更新: 2021/06/17 19:28 by t-daihisa

ページ用ツール