vci:script:reference:vciinput

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:script:reference:vciinput [2019/09/19 19:46]
oinari [スクリプトサンプル]
vci:script:reference:vciinput [2022/09/01 18:11] (現在)
pastatto 微調整
ライン 1: ライン 1:
-====== ​vci.me.GetAxisInput() ​(キー入力) ====== +~~NOTOC~~ 
-\\+====== ​ExportMe GetXXInput(キー入力) ======
 VCIでキーボードの入力を受け取ります。\\ VCIでキーボードの入力を受け取ります。\\
 +**キー入力の受付はVirtualCastのクライアントがアクティブである必要があります。\\ ​
 +※マウスカーソルでソフトをクリックするとアクティブ状態になります。**
  
-----+^ 名前 ^ 説明 ^ バージョン ^ 
 +| [[vci/​script/​reference/​vciinput#​GetAxisInput ]] | VCIのキー操作の入力受付 | | 
 +| [[vci/​script/​reference/​vciinput#​GetButtonInput ]]| VCIのキー操作の入力受付 ​ | |
  
-===== キー一覧 ===== 
- 
-| キー名称 | キーバインド(デフォルト) | スクリプト | 取得可能な値 | 
-| X+ | カーソルキー 右 | vci.me.GetAxisInput().x | -1,0,1 | 
-| X- | カーソルキー 左 | vci.me.GetAxisInput().x | -1,0,1 | 
-| Y+ | Uキー | vci.me.GetAxisInput().y | -1,0,1 | 
-| Y- | Iキー | vci.me.GetAxisInput().y | -1,0,1 | 
-| Z+ | カーソルキー上 | vci.me.GetAxisInput().z | -1,0,1 | 
-| Z- | カーソルキー下 | vci.me.GetAxisInput().z | -1,0,1 | 
-| Button1 | 数値キーの1 | vci.me.GetButtonInput(1) | true,false | 
-| Button2 | 数値キーの2 | vci.me.GetButtonInput(2) | true,false | 
-| Button3 | 数値キーの3 | vci.me.GetButtonInput(3) | true,false | 
-| Button4 | 数値キーの4 | vci.me.GetButtonInput(4) | true,false | 
  
 ==== キー入力の概要 ==== ==== キー入力の概要 ====
 +
 +^ VCI操作キー ^ キーバインド(デフォルト) ^ スクリプト ^ 取得可能な値 ^
 +| Forward | Up Arrow (カーソルキー上) | vci.me.GetAxisInput().z | Z = +1 |
 +| Backward | Down Arrow (カーソルキー下) | vci.me.GetAxisInput().z | Z = -1 |
 +| Left | Left Arrow (カーソルキー左) | vci.me.GetAxisInput().x | X = -1 |
 +| Right | Right Arrow (カーソルキー右) | vci.me.GetAxisInput().x | X = +1 |
 +| Up  | U | vci.me.GetAxisInput().y | Y = +1 |
 +| Down | I | vci.me.GetAxisInput().y | Y = -1 |
 +| Key1 | 1 (数値の1) | vci.me.GetButtonInput(1) | true,false |
 +| Key2 | 2 (数値の2) | vci.me.GetButtonInput(2) | true,false |
 +| Key3 | 3 (数値の3) | vci.me.GetButtonInput(3) | true,false |
 +| Key4 | 4 (数値の4) | vci.me.GetButtonInput(4) | true,false |
 +
 +
  
   * 使用可能なキーは上記の10種類です。   * 使用可能なキーは上記の10種類です。
-  * キーバインドはバーチャルキャストの設定から変更する事ができます。 +  * キーバインドはバーチャルキャストの[[virtualcast:​setting:​control|設定(コントロール)]]から変更する事ができます。 
-  * キー入力の受付はVirtualCastのクライアントがアクティブになってる必要があります。+  * キー入力の受付はVirtualCastのクライアントがアクティブ※である必要があります。\\ ※マウスカーソルでソフトをクリックするとアクティブ状態になります。
   * GetAxisInput()では、キー入力をXYZ軸入力に変換した値をVector3で取得できます。\\ ただし値は -1,0,1 の3種類しか入りません。(-1~1のアナログ値ではない)   * GetAxisInput()では、キー入力をXYZ軸入力に変換した値をVector3で取得できます。\\ ただし値は -1,0,1 の3種類しか入りません。(-1~1のアナログ値ではない)
   * GetAxisInput()はキーを押している間値が入ります。何も入力していなければ0を返します。   * GetAxisInput()はキーを押している間値が入ります。何も入力していなければ0を返します。
-  * キー入力はVCIスクリプトを実行しているクライアントのキー入力しか受け取りません。\\ (if Is.Mine then の中にInputを書くと、VCIを出した人のみでキー入力が有効になる)+  * キー入力はVCIスクリプトを実行しているクライアントのキー入力しか受け取りません。\\ (if vci.assets.IsMine ​then の中にInputを書くと、VCIを出した人のみでキー入力が有効になる)
  
----- 
  
-===== スクリプトサンプル =====+===== GetAxisInput ===== 
 +**GetAxisInput fun(): Vector3**\\ 
 +Forward,​Backward,​Left,​Right,​Up,​Downに対応するキーが押された状態のVector3を返します。\\ 
 +押されていない場合は0が入り、押されている場合は-1か1が入ります。\\ 
 + 
 + 
 + 
 + 
 +<file lua main.lua>​ 
 +    -- キーの状態がVector3でsxisに格納されます 
 +    local axis = vci.me.GetAxisInput() 
 + 
 +    -- コンソールに表示 ​    
 +    print("​ axis : "​..tostring(axis)) 
 +</​file>​ 
 + 
 + 
 +===== GetButtonInput ===== 
 +**GetButtonInput fun(id: number): boolean**\\ 
 +引数に対応するボタンが押されてる場合はtrue,​押されてない場合はfalseを返します。\\ 
 + 
 + 
 + 
 +<file lua main.lua>​ 
 +    -- Key1が押された場合、コンソールに表示 
 +    if  vci.me.GetButtonInput(1) then 
 +        print("​ Button1 が押されました。"​) 
 +    end 
 +</​file>​ 
 + 
 + 
 + 
 +===== サンプル =====
  
 <file lua main.lua>​ <file lua main.lua>​
ライン 69: ライン 105:
 </​file>​ </​file>​
  
-各キーが押された結果をコンソールに表示するサンプルです。\\ +各キーが押された結果をコンソールに表示するサンプルです。
- +
-----+
  
 ===== サンプルVCI ===== ===== サンプルVCI =====
  
   * [[vci:​sample:​input:​sample1 | キーボードの入力で移動・拡縮・回転するVCIを作る]]   * [[vci:​sample:​input:​sample1 | キーボードの入力で移動・拡縮・回転するVCIを作る]]
-\\+
vci/script/reference/vciinput.1568890009.txt.gz · 最終更新: 2019/09/19 19:46 by oinari

ページ用ツール