vci:script:reference:vciinput

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:script:reference:vciinput [2019/09/20 15:17]
oinari
vci:script:reference:vciinput [2021/06/17 20:01] (現在)
t-daihisa
ライン 1: ライン 1:
 ====== vci.me.GetAxisInput() (キー入力) ====== ====== vci.me.GetAxisInput() (キー入力) ======
-\\ 
 VCIでキーボードの入力を受け取ります。\\ VCIでキーボードの入力を受け取ります。\\
- +**キー入力の受付はVirtualCastのクライアントがアクティブ※である必要があります。\\ ※マウスカーソルでソフトをクリックするとアクティブ状態になります。**
-----+
  
 ===== キー一覧 ===== ===== キー一覧 =====
ライン 26: ライン 24:
   * GetAxisInput()では、キー入力をXYZ軸入力に変換した値をVector3で取得できます。\\ ただし値は -1,0,1 の3種類しか入りません。(-1~1のアナログ値ではない)   * GetAxisInput()では、キー入力をXYZ軸入力に変換した値をVector3で取得できます。\\ ただし値は -1,0,1 の3種類しか入りません。(-1~1のアナログ値ではない)
   * GetAxisInput()はキーを押している間値が入ります。何も入力していなければ0を返します。   * GetAxisInput()はキーを押している間値が入ります。何も入力していなければ0を返します。
-  * キー入力はVCIスクリプトを実行しているクライアントのキー入力しか受け取りません。\\ (if Is.Mine then の中にInputを書くと、VCIを出した人のみでキー入力が有効になる) +  * キー入力はVCIスクリプトを実行しているクライアントのキー入力しか受け取りません。\\ (if vci.assets.IsMine ​then の中にInputを書くと、VCIを出した人のみでキー入力が有効になる)
- +
-----+
  
 ===== GetButtonInput() ===== ===== GetButtonInput() =====
ライン 41: ライン 37:
     end     end
 </​file>​ </​file>​
- 
----- 
  
 ===== GetAxisInput() ===== ===== GetAxisInput() =====
ライン 57: ライン 51:
     print("​ axis : "​..tostring(axis))     print("​ axis : "​..tostring(axis))
 </​file>​ </​file>​
- 
----- 
  
 ===== スクリプトサンプル ===== ===== スクリプトサンプル =====
ライン 99: ライン 91:
 </​file>​ </​file>​
  
-各キーが押された結果をコンソールに表示するサンプルです。\\ +各キーが押された結果をコンソールに表示するサンプルです。
- +
-----+
  
 ===== サンプルVCI ===== ===== サンプルVCI =====
  
   * [[vci:​sample:​input:​sample1 | キーボードの入力で移動・拡縮・回転するVCIを作る]]   * [[vci:​sample:​input:​sample1 | キーボードの入力で移動・拡縮・回転するVCIを作る]]
-\\+
vci/script/reference/vciinput.1568960263.txt.gz · 最終更新: 2019/09/20 15:17 by oinari

ページ用ツール