ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:sync:tips1

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:sync:tips1 [2021/11/17 20:04]
numa
vci:sync:tips1 [2022/05/21 00:50] (現在)
207.46.13.124 ↷ 移動操作に合わせてリンクを書き換えました。
ライン 5: ライン 5:
 例えばスイッチのオン・オフ、カウンターなどを同期したい場合の方法を説明します。 例えばスイッチのオン・オフ、カウンターなどを同期したい場合の方法を説明します。
  
-例として、onUse(SubItemを掴んでいる状態で[[virtualcast/item_operation#​アイテムの使用 | 使用]])でスイッチをオン・オフします。+例として、onUse(SubItemを掴んでいる状態で[[virtualcast:guide:item_operation#​アイテムの使用| 使用]])でスイッチをオン・オフします。
 オフの時にマテリアル0番の色が白、オンの時にマテリアル0番の色が赤にします。 オフの時にマテリアル0番の色が白、オンの時にマテリアル0番の色が赤にします。
  
ライン 29: ライン 29:
   * 別のユーザーがアイテムをUseしたとき (色を制御する変数が、以前にUseしていたユーザーの中にあるので伝わらない)   * 別のユーザーがアイテムをUseしたとき (色を制御する変数が、以前にUseしていたユーザーの中にあるので伝わらない)
  
-===== アイテム内同期変数を介して全ユーザーで命令を実行する =====+===== 方法2: ​アイテム内同期変数を介して全ユーザーで命令を実行する =====
  
-[[vci:​updatelog:​1.5.1a]] で追加された ​[[vci:​script:​reference:​exportstate|vci.state]] を使います。+[[vci:​script:​reference:​exportstate|vci.state]] を使います。
  
 <code lua> <code lua>
vci/sync/tips1.1637147069.txt.gz · 最終更新: 2021/11/17 20:04 by numa

ページ用ツール