Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メインメニュー

初心者向けガイド

VirtualCast

遊ぶ世界

THE SEED ONLINE

ニコニコ

SHOWROOM

配信

配信ツール

その他

wikiについて

デベロッパー向け


開発環境

VRM(アバター)

VCI(アイテム/背景)

VCI更新情報

更新日 - UniVCI バージョン
2021/03/17 v0.32
2.0.3b
2021/01/14 v0.31
2.0.1a
2020/12/03 v0.30
2.0.0b
2020/11/12 v0.30
2.0.0a
2020/10/22 v0.29
1.9.5b
2020/07/30 v0.29
1.9.3e
2020/06/25 v0.28
1.9.3c
2020/05/21 v0.27
1.9.2e

以前のアップデート履歴


GLB(背景)

vci:tips:vci_culling

VCIのカリング処理について

VCIアイテムがHMDの角度によって見えたり消えたりする場合は、多くの場合はカリング処理が原因となります。

バーチャルキャスト Ver 2.1.2b以前では、SkinnedMeshRendererが画面外にあったとしてもアニメーションを更新して描画を行う設定でした。
(具体的には、【updateWhenOffscreen】がtrueの状態です)
バーチャルキャスト Ver 2.1.2bからはVCI全体で【updateWhenOffscreen】がfalseと設定されております。
(描画負荷も含めて全体的なパフォーマンス改善の為)
そのため、Ver 2.1.2b以前では問題なく表示されていたVCIも適切なSkinnedMeshRendererの設定を行っていない場合、カリング処理により消えたり、チラつくなど症状が発生致します。

具体的な事例

VRMモデルをVCI化を行い、アニメーションでVCIを動かした場合、一部のメッシュが消える
(SkinnedMeshRendererのRootBoneが【root】と設定され、アニメーションを行ってもRootBoneの位置が動かない為、カリング処理で一部メッシュが消える)

対応方法

SkinnedMeshRendererのRootBoneを適切なボーン(アニメーションに追従し、位置が移動するボーン)に設定を行う

参考URL

vci/tips/vci_culling.txt · 最終更新: 2021/10/13 11:51 by miyumiyu

ページ用ツール