ユーザ用ツール

サイト用ツール


vci:unitypackage

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
vci:unitypackage [2021/07/27 22:25]
t-daihisa [2つのパッケージのインポート]
vci:unitypackage [2022/09/08 13:38] (現在)
pastatto 説明が古かったので全体的に修正
ライン 1: ライン 1:
 ====== VCIのUnityPackageを導入する ====== ====== VCIのUnityPackageを導入する ======
-VCIの作成には下記ファイルのダウンロードおよびインポートが必要になります。+VCIの作成には下記ファイルのインポートが必要になります。
  
-(VCIスクリプトの作成を含まない最小の構成となります) 
- 
-[[https://​github.com/​virtual-cast/​VCI/​releases/​latest| VCI/​Releases (UniVCI-x.xx.unitypackage)]] 
  
 ===== 必要なファイルのダウンロード ===== ===== 必要なファイルのダウンロード =====
-{{:vci:univci.png?​direct&​600|}}+[[https://​github.com/​virtual-cast/​VCI/​releases/​latest| VCI/​Releases (UniVCI-x.xx.unitypackage)]]を開きます。 
 + 
 +{{:​vci:​univci1.png?​direct&​600|}} 
 + 
 +**対応環境**には対応する**Unityのバージョン**が書いてあります。\\ 
 +必ず一致させるようにしてください。 
 + 
 +{{:vci:univci2.png?​direct&​600|}} 
 + 
 +**UniVRM**と**UniVCI**のパッケージをダウンロードします。
  
 +--> 各Assetsの解説 (クリックで展開) #
   * RenderingServicePostProcessingProfile.asset   * RenderingServicePostProcessingProfile.asset
 ポストエフェクトの設定ファイルです。設定をすることでVirtualCastと同様の見え方を再現できます。 ポストエフェクトの設定ファイルです。設定をすることでVirtualCastと同様の見え方を再現できます。
ライン 18: ライン 25:
 UnityでVCIを出力するための必須パッケージです。 UnityでVCIを出力するための必須パッケージです。
  
-<WRAP center round important 85%> +<--
-※UniVCIの0.32以降は、VRMのunitypackageが別途必要になります。\\ +
- <​wrap em>​UniVRMをインポート後に</​wrap>​ UniVCIをインポートしてください。 +
-</​WRAP>​+
  
- 必要バージョンは[[https://​github.com/​virtual-cast/​VCI/​releases|UniVCIのリリースページ]]を参照してください。 
 ===== VCI用プロジェクトを作成する ===== ===== VCI用プロジェクトを作成する =====
  
 ==== 新規プロジェクト作成 ==== ==== 新規プロジェクト作成 ====
-Unity Hubを開き右上の新規作成の隣の▼ボタンを押して、「2019.4.」で始まるバージョンを選択します。+Unity Hubを開き右上の新規作成の隣の▼ボタンを押して、対応するバージョンを選択します。
  
 下記のように設定したら[Create Project]を押してプロジェクトを作成します。 下記のように設定したら[Create Project]を押してプロジェクトを作成します。
  
 [テンプレート] > [3D]\\ [テンプレート] > [3D]\\
-[プロジェクト名] > [VCI_Editor] ​(分かりやすい名前)\\+[プロジェクト名] > [(分かりやすい名前)\\
 [保存先] > [(任意の保存先を指定)] (デフォルト設定でもOK) [保存先] > [(任意の保存先を指定)] (デフォルト設定でもOK)
  
ライン 38: ライン 41:
 {{:​vci:​univrm.png?​direct&​400|}} {{:​vci:​univrm.png?​direct&​400|}}
  
-{{:​モデル作成:​vci作成:​vci_importvcipackage.png?​direct&​400|}}+{{vci:​vci_importvcipackage.png?​direct&​400|}}
  
-プロジェクトが開いたら、ダウンロードした[UniVRM-x.xx.unitypackage]をダブルクリックしてPackageのインポートを行います。+**1. [UniVRM-x.xx.unitypackage]**をダブルクリックしてPackageのインポートを行います。
  
-インポートが完了したら、ダウンロードした[UniVCI-x.xx.unitypackage]をダブルクリックしてPackageのインポートを行います。+**2. [UniVCI-x.xx.unitypackage]**をダブルクリックしてPackageのインポートを行います。
  
 <wrap important>​必ずこの順番でインポートしてください。</​wrap>​ <wrap important>​必ずこの順番でインポートしてください。</​wrap>​
ライン 53: ライン 56:
  
 ==== Sceneの保存 ==== ==== Sceneの保存 ====
-{{:​モデル作成:​vci作成:​vci_setupscene.png?​direct&​400|}}1+{{vci:​vci_setupscene.png?​direct&​400|}}1
  
 [Hierarchy]の[⋮] > [Save Scene As] からVCIセットアップ用のSceneを保存します。\\ [Hierarchy]の[⋮] > [Save Scene As] からVCIセットアップ用のSceneを保存します。\\
vci/unitypackage.1627392322.txt.gz · 最終更新: 2021/07/27 22:25 by t-daihisa

ページ用ツール