Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

THE SEED ONLINE

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

VRM

VCI

GLB

vci:updatelog:2.0.0a

VirtualCast2.0.0a VCI更新

VCIのパッケージのバージョンが VCI v0.30 に上がりました。

Effekseerのバージョンをv1.52nに更新しました

引き寄せ操作の可否フラグを追加(Studio限定)

  • バーチャルキャスト内でSubItemの引き寄せを行う際に、SubItem側で引き寄せを拒否するかどうかを設定出来るようになりました。
  • 詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

コライダレイヤー指定を追加(Room限定)

  • コライダーコンポーネントが付加されているGameObjectに対して、決められたLayerを指定出来るようになりました
  • 詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

リスポーン位置指定機能を追加しました

  • 背景としてVCIを出した場合に、プレイヤーの出現位置を指定出来るようになりました(スタジオには0.28時点でありましたが、Room ではリスポーン地点としても機能するようになりました)。
  • 詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

vci.studio.GetLocalAvatar 関数を追加

vci.me.GetHeadMountedDisplayIsMounted 関数を追加

main以外のmoduleスクリプトからvciテーブル以下の関数にアクセス可能になります

  • Moduleスクリプトからvci以下のテーブル(vci.studioなど)にアクセス出来るようになりました。

VCIObject.ScriptsのFilePathの廃止とTextAssetの追加

  • VCIObject.Scriptsで、Sourceへ直接記入せず外部ファイルを参照する場合、プロジェクト内のテキストアセットを選択するように変更しました。
  • EditorImport時に、LuaScriptがファイルとしてXXX.Scriptsフォルダ以下に出力されるようになりました。

UnityProjectの設定をチェックしてワンボタンで設定できるUIを追加しました

その他のバグ修正

  • json.serializeで数値のマイナスがパースできない問題を修正しました。
  • requireで、 require(“./hoge”) といった表記を許容するように修正しました。
  • requireでCoreModuleを読めない問題を修正しました、strings,tableなどのmoduleが使えるようになります。
vci/updatelog/2.0.0a.txt · 最終更新: 2021/06/24 17:32 by t-daihisa

ページ用ツール