Language:

サイドバー

バーチャルキャスト公式Wiki

メニュー

デバイス

アプリケーション

アセット

配信

その他

リリース情報

デベロッパー向け


開発環境

GLB

virtualcast:controller:viveproeye

アイトラッキング (VIVE Pro Eye) /フェイシャルトラッキング

バーチャルキャストではVIVE Pro EyeVIVE フェイシャル トラッカーを正式に対応しております。
これにより実際の目の動きとアバターの目の動きの連動実際の口の形がアバターの口の動きに連動を実現しております。
アイトラッキングおよびフェイシャルトラッキングを行うためにはSR Runtimeの最新版をインストールする必要があります。

最新版のSR RuntimeはVIVE Console for SteamVRをインストールすることで最新版となります。
すでに、インストーラー等でSR Runtimeをインストールしている場合は一度、アンインストールを行い、改めてVIVE Console for SteamVRをインストールしてください

VIVE Console for SteamVR インストール

Steam経由で、VIVE Console for SteamVRをインストールします。

SR_Runtimeの起動

VIVE Console for SteamVRをインストール後、ライブラリーからVIVE Console for SteamVRを右クリックし、プロパティを選択します。


ローカルファイルの参照をクリックします。


フォルダーが開きますので、【App】→【SRanipal】とフォルダーを開きます。
【SRanipal】フォルダーの中に【sr_runtime.exe】がありますので実行すると、SR_Runtimeが起動します。


【sr_runtime.exe】のショートカットをデスクトップに置くと便利です。

起動後、タスクトレイにロボットのアイコンが出てきて、目(フェイシャルトラッカーがある場合、口)がオレンジ色になればアイトラッキングおよびフェイシャルトラッキングが使える環境となります。

バーチャルキャストの設定

VIVE

目を動かすためのVRMモデルについて

こちらの記事を参照してください。

VRMモデルの視線制御(目の可動範囲)の設定方法

virtualcast/controller/viveproeye.txt · 最終更新: 2022/11/18 15:59 by miyumiyu

ページ用ツール